ニュース
» 2006年06月02日 11時03分 UPDATE

AMD Technology Analyst Day 2006:Torrenza対応「コプロセッサ搭載HTXカード」が姿を見せた!──AMDの次世代CPU戦略 (1/3)

AMDの米国本社で行われたテクニカルイベントではクワッドコアを見据えた「4x4」などAMDのユニークがアイデアが明らかに。「AMDがATIを買収か?」についても言及した。

[鈴木淳也,ITmedia]

 米AMDは6月1日(現地時間)、半導体業界アナリスト向けの技術説明会「AMD Technology Analyst Day 2006」をカリフォルニア州サニーベールにある本社キャンパス内で開催した。同社は、パフォーマンスを要求するゲームユーザーなどのために向けた新プラットフォーム「4x4」や、サードパーティが特定演算向けコプロセッサを自在に同社プラットフォーム上へ追加できる「Torrenza」などの新技術を紹介したほか、先日発表したドイツのドレスデンにある同社プロセッサ製造施設への25億ドルの投資による製造キャパシティ増加計画まで、2008年までの一連の戦略ロードマップを公開した。

kn_amdev01.jpg 米カリフォルニア州サニーベルにある米AMD本社キャンパス
kn_amdev02.jpg 説明会の冒頭に挨拶する米AMD会長兼CEOのヘクター・ルイズ氏。「何億人もの潜在的ユーザーの存在する発展途上国でのビジネスが鍵になる」と、米Microsoftが先日発表した「FlexGo」プログラムに同調する形で、今後のビジネスの展望を語った

パワーユーザー向けの最新デスクトップPCプラットフォーム「4x4」

 x86プロセッサの世界ではIntelに先駆けてプロセッサコアのデュアル化を進めているAMDだが、次の段階となるクアッドコアの世界もまもなく実現する。同社では、2007年中ごろにもクアッドコアを採用したCPUをリリースする計画で、まずはサーバ向け、次いでデスクトップPC向けと順次製品を投入していくことになる。

 AMDではこれに先駆ける形で、ゲームなど高いパフォーマンスを必要とするパワーユーザー向けに「4x4」(フォー・バイ・フォー)という新しいプラットフォーム環境を提案する。4x4では、デュアルコアCPU×2とデュアルGPUを搭載したグラフィックスカード×2をHyperTransport経由のDirect Connect Architectureで直結させて、合計で4つのCPUコアと4つのGPUが1つのマシン上で動作させる。グラフィックスカードのマルチコア化は、ATIのCrossFireやNVIDIAのNVIDIA SLIなどの技術を利用する。これにより、クアッドコア移行を前に、従来のデスクトップPCでいち早くクアッドコア相当のパフォーマンスを引き出すことが可能になる。最終的には4x4でクアッドコアCPU×2をサポートし、最大で8つのCPUコアまで処理することが可能になる。

 同社によれば、こうしたパワーユーザーは同時に何個ものアプリケーションを走らせるケースが多く、マルチコア化によるマルチスレッド処理の高速化で大きな恩恵を受けることになると述べている。またプラットフォーム自身のマルチコア化が進むことで、マルチスレッドを活用したゲームなどのアプリケーションの数の増加にもつながると考えているようだ。

kn_amdev03.jpg 2007年中ごろに登場するクワッドCPUのダイ写真。L1〜L2までのキャッシュはコアごとに独立して存在し、L3キャッシュをコア間で共有する
kn_amdev04.jpg ハイエンドデスクトップPCに4プロセッサコア環境を持ち込む「4x4」プラットフォーム。将来的にはクァッドコアCPUに対応し、最大で8CPUコアが1つのシステムに共存する形になる

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.