連載
» 2006年06月26日 00時00分 UPDATE

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:ゲルにITはあるか?──モンゴルで見たIT事情 (1/3)

「青い空と緑の大地をはるかかなたで区切る見渡す限りの地平線」というイメージのモンゴル。その首都ウランバートルのIT事情は実に面白いのだ。

[山谷剛史,ITmedia]

モンゴルに“Canon”あり

kn_mogpcmachi.jpg 一戸建てとゲルが隣接するモンゴルの首都ウランバートル

 多くの日本人にとってモンゴルは「草原で馬が駆ける」というイメージだが、人口100万人を超える大都会ウランバートルは高層マンションからモンゴル式住居「ゲル」に至るまでモンゴル中の建物がなんでも並ぶ。モンゴルの伝統的な住居といえば移動式「ゲル」だが、ウランバートルの街中にあるゲルには電気がきているものもある。いまやゲルでもITの導入は不可能ではないのだ。そんな新旧が入り混じるモンゴルの首都ウランバートルでIT技術はどのように利用されているのか。ウランバートルの中心部から住宅街まで散策してみよう。

 歩き出してすぐ気が付くのが、いたるところで見かける“Canon”ロゴだ。このロゴのある家はどこでもキヤノンのデジカメやプリンタを販売している……、なんてことはない。日本とモンゴルは“超”がつくほどの友好国だが、キヤノンの御手洗会長が経団連会長になるからそれをお祝いしてモンゴルの街中が“Canon”だらけということでもない。モンゴルにおいて“Canon”とは「コピー」を意味する言葉になっているのだ。キヤノン製プリンタのクオリティを評価して、いつのまにやら“Canon”という言葉がコピーの同義語になったらしい。

 このように、モンゴルにはウランバートルから小さな町まで、日本でいう「Kinko's」のようなビジネスセンターがたくさんある。そこで人々はコピーやプリントアウトやスキャンやCD-Rへの書き込みなどなど、PCを使ったちょっとした事務作業ができる。どのビジネスセンターも常に人が出入りしているのを見る限り、ビジネスセンター(それにCanon)は生活に不可欠な存在であり、PCが身近な存在であることがうかがえる。

kn_mogpccano1.jpgkn_mogpccano2.jpg

kn_mogpccano3.jpgkn_mogpccano4.jpg モンゴルの街中ではいたるところに「Canon」のロゴを見ることができる

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.