キーワード
» 2006年06月30日 17時57分 公開

今すぐ使えるアキバワード Vol.11:本気ジャンク【ほんき-じゃんく】(ジャンク品)

アキバのPCパーツショップでは、ちょっと分からない単語・言葉が聞こえてくることがある。メーカーや製品、規格の略称、店員同士の隠語や俗称、パワーユーザーのちょっと“通”な注文の仕方などなど。そんな「アキバワード」をチェックしていこう。

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

意味 稼働する見込みのないジャンク品のこと

解説 ひとくくりにジャンク品といっても、ショップの保証がないだけで中身は完動する新古品や中古品と、重要パーツが破損したり抜き取られるなどして確実に動かないものがある(関連記事:1000円以下で買えるジャンク品を探せ!)。

 「本気ジャンク」は後者を指し、主にパーツ取りのために買われていく。アキバでも一部のユーザーの間でしか浸透していない言葉だが、話の流れで使えば通じるショップは多い。ただし調子に乗って“まじじゃん”などと派生させると、言ったほうも言われたほうもかなり体温が下がるのでご注意を。

用例 「キートップだけ(欲しい)なら、本気ジャンクのノートでよくない?」



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう