キーワード
» 2006年07月31日 15時45分 公開

今すぐ使えるアキバワード Vol.14:逆ATX【ぎゃく-えーてぃーえっくす】(PCケース)

アキバのPCパーツショップでは、聞き慣れない単語を耳にすることがある。製品や規格の略称、店員同士の隠語、ちょっと“通”な注文の仕方などなど。そんな「アキバワード」をチェックしていこう。

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
逆ATXケースの例

意味 正面から見て、左側面にマザーボードを固定するタイプのケースを指す

解説 右側面にマザーボードを固定する通常のATXケースでは、CPUがケースのやや上方に置かれるが、逆ATXケースでは下方となり、拡張カード類は上に並ぶ。CPUと拡張カード類の熱を個別に排熱する場合に有利な配置といわれ、現状ではBTXケースよりも採用する製品が多い。

 あるPCショップの店員さんは「逆ATXケースでは、グラフィックスカードのオモテ面が上になるので、PC内部の見た目を気にする人にも人気があります」と話す。

用例 「光モノで彩るなら、やっぱ逆ATXっしょ」



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう