ニュース
» 2006年08月22日 16時36分 UPDATE

ブラザー、デジタル子機搭載モデルなど薄型複合機「MyMio」新モデル発表

ブラザー工業は、薄型インクジェット複合機「MyMio」シリーズの新モデル3モデル4製品「MFC-850CDN/CDWN」「DCP-750CN」「DCP-330C」を発表した。

[ITmedia]

 ブラザー工業は8月22日、薄型インクジェット複合機「MyMio」シリーズの新モデル3モデル4製品「MFC-850CDN」「MFC-850CDWN」「DCP-750CN」「DCP-330C」を発表した。発売日はMFC-850CDN/CDWNが10月下旬、MFC-850CDWNおよびDCP-750CNが9月下旬。予想実売価格はMFC-850CDNが4万円前後、MFC-850CDWNが4万7000円前後、DCP-750CNが2万5000円前後、DCP-330Cが1万7000円前後。

photophotophoto MFC-850CDN(左)、DCP-750CN(中)、DCP-330C(右)

 全モデルで印刷速度を従来モデルから向上させているのが特徴で、最高印刷速度はカラー時22枚/分、モノクロ時27枚/分(DCP-330Cはカラー20枚/分、モノクロ25枚/分)。印刷解像度は最大6000×1200dpiで、フチ無し印刷にも対応している。

 MFC-850CDNおよびMFC-850CDWNは、クリアな音声通話が可能なデジタル子機を装備するモデルで、MFC-850CDNが1台、MFC-850CDWNは2台のデジタル子機が付属する。利用可能な機能はプリンタ/スキャナ/コピー、ファクス/PCファクス、およびメディアカードスロットを用いたフォトメディアキャプチャーの6機能。10/100BASE-TX有線LANを装備し、本体上部に4.2インチワイド液晶ディスプレイを内蔵している。

 DCP-750CNは、有線LANのほかIEEE802.11b/g無線LAN共有にも対応するモデルで、プリンタ/スキャナ/コピーとフォトメディアキャプチャーの4機能を利用できる。搭載液晶は2.5インチ液晶。

 下位モデルとなるDCP-330Cは、LAN共有機能を省いた廉価モデルで、PCとの接続はUSBのみとなる。利用できる機能はプリンタ/スキャナ/コピーとフォトメディアキャプチャーの4機能で、2インチカラー液晶を搭載している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.