ニュース
» 2006年09月30日 04時05分 UPDATE

まだまだ終わらないソニー製バッテリー問題:富士通がバッテリー自主交換プログラムを開始

9月29日、ソニーが全世界でノートPCのバッテリー自主交換を開始したことを受け、富士通がバッテリーのリコールを始める。

[ITmedia]
ht_0609fu.jpg 富士通の「ソニー株式会社のバッテリーパック自主交換プログラムについて」

 富士通が、FMV-BIBLO LOOXシリーズの一部機種についてバッテリーのリコールを行う。これは、ソニーが9月29日に全世界でノートPC用バッテリーの「自主交換プログラム」を発表したことを受けたもの。

 今回のプログラムで対象となる機種は下記の通りだ。富士通では「現時点におきまして、当社製ノートパソコンでは、デル株式会社およびアップルコンピュータ株式会社が公表している、バッテリーパックの不具合と同様の事例は発生しておりません」としており、ユーザーの安心感を高めるべく、バッテリーの自主交換プログラムを開始したという。なお、該当バッテリーの型番やバッテリーの交換方法などの詳細は未定だ。

対象機種
シリーズ名 型番
FMV-BIBLO LOOX Pシリーズ P70R/P70S
FMV-BIBLO LOOX Tシリーズ T50M/T50R/T50RN/T50S/T50SN/T70M/T70M/T/T70MN/T70R/T70R/T/T70RN/T70S/T70S/V/T70SN

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.