連載
» 2007年04月05日 08時00分 UPDATE

サクッとおいしいVistaチップス 2枚め:アプリケーションを管理者として実行する

Windows Vistaを使っていて「なんで、このソフトまともに動かないの?」と困ったことがある人は、サクッと2枚めのVistaチップスを試してみよう。

[織田薫,ITmedia]
今回のチップスが使えるエディションは?
エディション Home Basic Home Premium Business Ultimate
対応状況

 Windows Vistaでは標準でユーザーアカウント制御(UAC)の機能が有効になっているため、管理者としてログオンしても通常の操作は標準ユーザーと同じ権限で実行される。このため、管理者権限を必要とするアプリケーションが正常に動作しないことがあることは覚えておきたい。Vistaに対応したアプリケーションでは、必要に応じてUACの許可画面が表示され、管理者権限を取得することで操作を続行できるが、Vistaに対応していないレガシーなアプリケーションの場合は、この仕組みが正しく実行されないことがあるのだ。

 Vistaに対応していないレガシーなアプリケーションを実行する際は、プログラムを管理者として実行すればよい。アプリケーションを一時的に管理者として実行するには、アプリケーションの実行ファイルもしくはショートカットを右クリックして「管理者として実行」を選ぶ。「ユーザーアカウント制御」のダイアログが表示された場合は、「続行」をクリックしよう。

 一方、アプリケーションを常に管理者として実行するには、実行ファイルのプロパティで設定を変更する必要がある。実行ファイルを右クリックして「プロパティ」を選び、プロパティ画面の「互換性」タブで「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェックした後で「OK」ボタンをクリックしよう。これにより、常に管理者としてアプリケーションを実行できるようになる。

tm0704tips_01.jpgtm0704tips_02.jpg アプリケーションを右クリックして、「管理者として実行」を選択すれば管理者権限を与えた状態でアプリケーションを起動できる(写真=左)。管理者権限を必要とするアプリケーションを、常に管理者権限を与えた状態で起動するには、ファイルのプロパティ画面から「互換性」タブを選び、「管理者としてこのプログラムを実行する」のチェックボックスをオンにすればよい(写真=右)

 Vistaを使っていると、アプリケーションが正常に動作しない場合はエラーが表示されることが多いため、管理者権限が必要であることが直感的にわかるのだが、インストールの時点で失敗する場合は原因不明で悩んでしまうことが多い。Vistaに未対応のインストーラを利用している場合、インストーラがエラーも表示せずに突然終了してしまうことがあるので注意が必要だ。アプリケーションのインストールが正常に行えない場合は、セットアッププログラムを管理者として実行してみるとよいだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう