レビュー
» 2007年05月23日 16時30分 UPDATE

液晶TVの映像技術をPCへ:ナナオ入魂のHDMI搭載24.1インチワイド液晶――写真で見る「FlexScan HD2451W」 (1/2)

ナナオから、HDMI×2、D4など4系統のAV入力を備えた24.1インチワイド液晶ディスプレイ「FlexScan HD2451W」が登場。気になる部分を写真とともにチェックした。

[前橋豪,ITmedia]

FlexScan初のAV入力対応モデルは、FORIS.TVの画作りを継承

 HDMI入力を搭載した大画面液晶ディスプレイのニーズが高まりつつある中、ナナオから“デスクトップ・ハイビジョン”をコンセプトとした「FlexScan HD2451W」が発表された。HDMI×2、D4、S-Video/コンポジットビデオによる4系統AV入力と、HDCP対応DVI-D、D-Subの2系統PC入力を備えた多目的に使える24.1インチワイド液晶ディスプレイだ。もちろん、液晶パネルは1920×1200ドット(WUXGA)表示に対応し、1080i/pのドットバイドット表示も行える。まさにデスクトップ上でハイビジョンを見るために作られた液晶ディスプレイと言えるだろう。

 5月10日に発表された三菱電機の「VISEO MDT241WG」もHD2451Wと似た仕様を備えており、これらのHDMI搭載ハイスペックモデルが今夏のディスプレイ市場で最も注目を集めることになりそうだ。ここではHD2451Wの仕様を写真とともに紹介する。製品概要はこちらの記事を参照してほしい。

tm0705hd01.jpgtm0705hd02.jpgtm0705hd03.jpg 1920×1080ドット表示(WUXGA)に対応した24.1インチワイド液晶パネルはVA方式で、既存モデル「FlexScan S2411W」と同じものだ(写真=左)。しかし、AV入力の画作りは同社の液晶TV「FORIS.TV」に近づけるチューニングを施しており、まったくと言っていいほど違うものになっている。RGB各8ビットの映像入力信号を多階調化してから最適な8ビット信号に割り当てて出力する10ビットガンマ補正機能を搭載。演算精度は10ビットになるものの(S2411Wは14ビット精度)、モノクロのグラデーション(写真=中央)やカラーバー(写真=右)の表示は滑らかだ。写真ではJPEG圧縮の関係で、一部グラデーションが崩れて見えるが、実物ではスムーズに表示されていた

tm0705hd04.jpgtm0705hd05.jpgtm0705hd06.jpg 液晶パネル部の背面に主要なインタフェースが集中している(写真=左)。映像入力は、HDMI 1.2a×2、D4、S-Video/コンポジットビデオによる4系統AV入力と、HDCP対応DVI-D、D-Subの2系統PC入力を搭載。実際にはD5の信号も入力できるようだが、ナナオによれば「D5は正式に規格化されていないため、カタログスペックには記載していない」という。電源ユニットとUSBオーディオ機能も内蔵している。音声入力は、HDMI×2、D4用のRCAステレオ、S-Video/コンポジットビデオ用のRCAステレオ、PC用のUSB 2.0アップストリームポート×2を備える。2台のPCとUSB 2.0のアップストリームポートを接続すれば、OSDからPC音声の切り替えができるほか、USBハブ機能と専用ソフト「ScreenManagerPro for LCD」によるPC上での各種設定機能が利用できるようになる。PC入力の音声とAV入力の音声は、映像入力の切り替えに連動して切り替わる仕組みだ。音声出力はステレオミニを用意する。左側面には、USB 2.0ダウンストリームポート×2とヘッドフォン出力を備えている(写真=中央)。音声出力は2チャンネルのサポートなので、5.1チャンネルのドルビーデジタルやDTSといったサラウンド音声環境を構築するには、別途AVアンプなどが必要だ。背面はシンプルにまとまっている(写真=左)

tm0705hd07.jpgtm0705hd08.jpgtm0705hd09.jpg スタンドにはFlexScan S2411Wと同様、ArcSwing 2を採用する。円弧を描くように画面が移動するので、自然に画面を見下ろす角度で設置できる。上60度と下5度のチルト、左右172度のスイベル、範囲90センチの高さ調節が可能だ。AV入力の搭載によって液晶パネル部の厚みが増したが、横幅やスタンドの奥行きはFlexScan S2411Wと変わらない。VESA規格準拠のネジ穴(100×100ミリピッチ)も用意している

tm0705hd10.jpgtm0705hd11.jpg AV入力を高画質化するために搭載した機能の例。インターレス映像をプログレッシブ変換する際に輪郭部のギザギザ部分を抑える動き予測対応の「IP変換」(写真=左)、完全な黒や白のデータが存在しないTV放送やゲームなどの表示で黒浮きしないようにダイナミックレンジを最適化する「黒レベル補正」(写真=右)に対応する

tm0705hd12.jpgtm0705hd13.jpg 同じく、AV入力のための機能。暗部の階調が黒つぶれしないで細部まで立体的に見えるように調整する「暗部再現性」(写真=左)、派手な画質加工はせずにコンテンツ作成者の意図に近い色や階調で表現する「コントラスト調整」(写真=右)を搭載する

tm0705hd14.jpgtm0705hd15.jpgtm0705hd16.jpg ナナオによる実際の利用シーンを想定したデモ(写真=左)。Blu-ray Discレコーダーとプレイステーション 3をHDMI入力で、WiiをD4入力で、PCをDVI-D入力で接続している。AV入力時の画質モードは「スタンダード」「ソフト」「ダイナミック」「カスタム」を用意しており、PC用の画質モード「Text」「Picture」「Movie」「sRGB」「Custom」とは異なるFORIS.TVライクな表示になる(写真=中央)。PinP機能では、親画面にPC入力、子画面にAV入力を設定できる。HDMIで入力した映像もアスペクト比を維持したまま子画面表示することが可能だ(写真=右)。PinP利用時は、親画面と子画面の音声出力がミックスされる

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.