ニュース
» 2007年06月14日 15時40分 UPDATE

WWDC'07 基調講演「解説」編:期待はずれ? 「One more thing」の真相を読み解く (1/3)

新しい製品の登場はなく、iPhoneの発表も開発者の期待を下回る内容――これまでジョブズ氏が行ってきた基調講演に比べると、やや盛り上がりに欠けたWWDC'07。しかしそこには、アップルの次なる一手が隠されている。

[林信行,ITmedia]

想定外の“One more thing”

og_wwdc_3_001.jpg 基調講演のキモは3つ。LeopardとWindows版Safariと、iPhoneでのWebアプリケーション開発だ

 今回のWorldwide Developers Conferenceには、3つの目玉があった。1つがMac OS X“Leopard”の10の新機能、2つめがWindows版Safari、そして3つめがiPhone向けアプリケーション開発の発表だ。このうちLeopardについては、前回の詳報記事で取り上げた。

 ここでは後半の2つに触れながらその意味を考えていこう。Leopardの紹介が終わった後、「One more thing」として発表されたWindows版Safariと、会場の「え、これだけ?」という雰囲気に応えるように「One last thing……」として発表されたiPhone向け開発の話は、どちらも1つのキーワードでくくられている。「Safari」というキーワードだ。

 ジョブズ氏によれば現在、Safariの利用者は1860万人だという。ブラウザ市場全体でのマーケットシェアは、Internet Explorerが最大の78%、Firefoxは15%、Safariが5%、それ以外が2%だ。

 「我々の夢はSafariがブラウザ市場でのシェアを大幅に伸ばすことだ」――ジョブズ氏はそう語ると、Internet Explorer以外のブラウザシェアをすべてSafariが奪うかのようなグラフを表示した。

og_wwdc_3_002.jpgog_wwdc_3_003.jpgog_wwdc_3_004.jpg Safariは2003年の登場以来、徐々にシェアを伸ばし5%のシェアを獲得するに至っている。これはブラウザ市場全体で見るとFirefoxに続く3位。そして今回、Windows版のSafariをリリースした

 「Macのシェアは伸びている。それはそれでいいことだが、我々はSafariにはもっとシェアを伸ばしてほしい。それを実現するためには、Windows版のSafariをつくる必要がある」(ここで聴衆から喝采)。

og_wwdc_3_004_2.jpg

 「我々は現在、Leopard上で動くSafari 3を用意しているところだが、それと同時にWindows XPとVistaで動くバージョンも用意している」

 それにしても、ただ新しいブラウザを出しただけで、本当にWindowsユーザーがSafariに乗り換えるのだろうか。「Safariは最高のWebブラウザ」と自信を見せるジョブズ氏が強調したのは、特に処理スピードの速さだった。

 ジョブズ氏はiBenchというWebブラウザ用のベンチマークテストを用いた結果を示し、HTML展開のテストでInternet Explorerが4.6秒かかるところを、Firefoxが3.7秒、そしてSafariは半分以下の2.2秒と説明。さらにJavaScriptの実行では、Internet Explorerが2.4秒、Firefoxが1.7秒のところをSafariは1秒以下(0.88秒)と公表した(なお、これらのデータはSafariの公式ページでも公開されている)。そして以下のようなスライドが表示された。

  • 最も革新的なブラウザ
  • 最も高速なブラウザ(Internet Explorerの2倍のスピード/Firefox 2の1.6倍のスピード)
  • GoogleとYahoo検索を内蔵
  • Leopard版Safariとまったく同じ技術

 ジョブズ氏はその後、タブの内容を新規ウィンドウとして開き直す様子など、Safari 3の新機能をWindows XP上でデモし、ベンチマークテストも実際にやってみせた。

og_wwdc_3_005.jpgog_wwdc_3_006.jpgog_wwdc_3_007.jpg Windows Vistaにも対応(写真=左)。Windows版Safari 3をデモ(写真=中央)。ベンチマークテストを実施(写真=右)

og_wwdc_3_008.jpg WindowsでiTunesを利用するユーザーは5億人

 「それにしても我々はどうやってこのソフトを配布したらいいのか。我々はWindowsユーザーとはあまり語り合ってこなかったし、Firefoxは1日に50万本もダウンロードされているという」と続けるジョブズ氏。

 「でも、我々は気が付いたんだ、我々のiTunesは毎日100万本ダウンロードされている。そしてすでに5億本以上のiTunesがWindows上で使われている。実は我々は、Windowsユーザーにどう接触していけばいいのかをすでに身につけているようだ。どうなるかは分からないが、とにかくやってみようと思う」ジョブズ氏がそう語ると、場内の聴衆は暖かい喝采でこれを迎えた。

 しかし、その時はまさか次の発表もSafariに関するものだとは思っていなかったはずだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-