ニュース
» 2007年09月10日 13時01分 UPDATE

AMD、“Barcelona”Opteronを発表

クアッドコアのAMD製CPUが「ようやく」登場する。リリース発表後、AMDのWebページでラインアップと価格、主要スペックなどが明らかにされた。

[ITmedia]
kn_brclna01.jpg “Barcelona”を採用したクアッドコアOpteronは4つの独立したコアそれぞれに512KバイトのL2キャッシュが組み込まるほか、共有のL3キャッシュ2Mバイトを有する。メモリコントローラはDDR2-667MHzに対応

 AMDは9月10日、「Barcelona」(開発コード名)として知られてきたクアッドコアOpteronを発表した。AMDは、今回登場したクアッドコアOpteronにおいて、消費電力を従来と同程度にしたまま、整数演算や浮動小数点演算における性能が50%増加し、仮想マシンの性能も強化されたと説明している。

 クアッドコアOpteronでは、消費電力を示す新しい指標として「Average CPU Power」(ACP)が導入された。従来のTDP(Thermal Design Power)は、ピーク時における最大消費電力を示していたが、ACPでは、実用的な利用条件のシナリオに基づいて求められた消費電力を示すことで、データセンターの設計者により現実に近いデータを示すことができると、AMDでは説明している。AMDの資料によると今回登場するクアッドコアOpteronでは、ACPが55〜75ワットになるとされている。

 クアッドコアOpteronでは、新しい省電力機能「CoolCore Technology」「Independent Dynamic Core Technology」「Dual Dynamic Power Management」が導入された。

 CoolCore Technologyは、CPU内部で「休んでいる」部分の電力を動的にカットすることで電力削減を行う。Independent Dynamic Core Technologyは、従来からある省電力機能「PowerNow!」の機能拡張版で、そのときに要求される負荷に応じて、内蔵されているそれぞれのコアごとに独立して動作クロックを設定する。

 Dual Dynamic Power Management(DDPM)は、クアッドコアOpteronに組み込まれたCPUコアとメモリコントローラのそれぞれに独立した電力供給系を設けることで、コアとメモリコントローラそれぞれの負荷状況に合わせて異なる駆動電圧が別個に設定できる。

 クアッドコアOpteronでは、新しい仮想化技術「Rapid Virtualization Index」も導入された。これは、従来ソフトウェアで行っていた処理を専用のハードウェアエンジンに置き換えることで、これまでの仮想マシンで発生していたオーバーヘッドを軽減して、仮想マシンの性能を向上させる技術だ。

 なお、AMDはクアッドコアOpteronの発表資料の中で、同じ機能を有する次世代アーキテクチャを採用するデスクトップPC向けCPU「Phenom」は2007年12月に登場するだろうと述べている。

 米国AMDのWebページによると、今回発表されるクアッドコアOpteronのラインアップは次のとおりとなる。

2PクアッドコアOpteron
モデルナンバー 動作クロック ACP(ワット) 価格
2350 2.0GHz 75ワット 389ドル
2347 1.9GHz 75ワット 316ドル
2347 HE 1.9GHz 55ワット 377ドル
2346 HE 1.8GHz 55ワット 255ドル
2344 HE 1.7GHz 55ワット 209ドル

4PクアッドコアOpteron
モデルナンバー 動作クロック ACP(ワット) 価格
8350 2.0GHz 75ワット 1019ドル
8347 1.9GHz 75ワット 786ドル
8347 HE 1.9GHz 55ワット 873ドル
8346 HE 1.8GHz 55ワット 698ドル

 いずれのモデルも、Socket F(1207)に対応し、65ナノメートルプロセスルールを採用する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.