ニュース
» 2007年09月20日 12時00分 UPDATE

高速モノクロ機やA3モデルも投入:エプソンが複合機/プリンタの07年モデルを発表――画像補正と高速化に注力 (1/2)

セイコーエプソンは「カラリオ」シリーズの新製品を発表した。複合機4モデル、A4プリンタ2モデル、A3プリンタ1モデルを10月4日から順次発売する。

[ITmedia]

Epson Colorとインクヘッドを改良、顔補正機能も追加

 エプソンが9月20日に発表した複合機/プリンタの2007年モデルは、同社が推進する「Epson Color」をさらに強化している。Epson Colorとは、自動画質補正機能「オートフォトファイン!EX」、耐候性を高めた染料/顔料インク「つよインク」、プリントメディア「純正写真用紙」の組み合わせにより、誰でも簡単に高画質かつ色あせない写真を印刷可能にするというブランド戦略だ。

 新モデルのEpson Colorは、オートフォトファイン!EXが進化し、撮影シーンの自動判別アルゴリズムに従来からの「人物」「風景」「一般画像」に加え、「夜景」を投入することで、判別精度を向上させた。また、トーンカーブの自動調整については、RGBの画像データを明るさ成分(Y)と色成分(Cb/Cr)に分解するように内部処理を変更し、肌色の補正精度を高めるとともに、色かぶりを低減したという。

 画像補正に関しては、先に発表された小型フォトプリンタの「E-720」などと同様、「ナチュラルフェイス」機能が追加された。同機能は、人物の輪郭を自動検出してあごの周辺をスリムに見せる「小顔補正」と、肌の白さを強調する「美白補正」を同時に適用するもの。効果の適用レベルは、複合機の液晶モニタ上や付属ソフト「Easy Photo Print」の画面上、印刷したインデックスシート(フェイスシート)を見ながら各3段階で調整できる。

 ピエゾ技術によるインクヘッドの改良もトピックだ。インク滴のサイズを従来の1.5〜7ピコリットル範囲から1.5〜11ピコリットル範囲にワイドレンジ化しつつ、駆動周波数を45kHzから60kHzに高速化することで、従来比で約2倍のインク噴射能力を達成したという。例えば、売れ筋の複合機「PM-A840」では、L判フチなし1枚の印刷速度が3秒短縮され、約22秒となった。また、顔料ブラックインクの2カートリッジ構成で37ppm(エプソン独自チャート)のモノクロ印刷を実現した単機能モデル「PX-V780」も用意している。

複合機は4モデルを追加、ハイエンドの「PM-T990」は据え置き

tm0709ep01_01.jpg TVプリンティングとネットワーク機能を備えたPM-T960

 主力となるインクジェット複合機は、全4モデルが新たに投入される。昨シーズンのハイエンドモデル「PM-T990」と2007年2月に発売されたエントリーモデルの「PX-A620」は継続販売され、この間を新発売の4モデルが埋めるといったラインアップ構成だ。「PX-A740」のみ顔料インク(つよインク200X)を採用し、残る3モデルは染料インク(つよインク200)を採用したEpson Color対応モデルとなっている。

 PM-T990の下位に位置付けられる「PM-T960」は、有線LANと無線LANを標準装備し、TVプリンティング機能の「テレプリパ」に対応したモデル。新モデルの中で唯一、CCDセンサーのスキャナを搭載し、フィルムスキャンが可能なほか、両面印刷が行える。ちなみに、昨シーズンの上位機が搭載していたDVD/CD-ROMコンボドライブは省かれた。

 「PM-A940」は、PM-T960からTVプリンティング、ネットワーク、両面印刷、フィルムスキャンといった機能を省き、液晶モニタを小型化したモデルとなっている。染料インク搭載機のエントリーモデルとなるPM-A840は、実売価格が2万円台後半の売れ筋モデルだ。PX-A740は、顔料インクの採用で普通紙の印刷品質に配慮している。

tm0709ep01_02.jpgtm0709ep01_03.jpgtm0709ep01_04.jpg 左からPM-A940、PM-A840、PX-A740。上位モデルは黒を基調としたカラーで、下位モデルは白で統一されている

複合機新モデルのラインアップ
モデル名 PM-T960 PM-A940 PM-A840 PX-A740
液晶モニタ 3.5インチ 2.5インチ 2.5インチ 2.5インチ
インク 染料6色 染料6色 染料6色 顔料4色
ノズル数 90本×6色 90本×6色 90本×6色 90本×4色
最高解像度 5760×1440dpi 5760×1440dpi 5760×1440dpi 5760×1440dpi
最小インク滴 1.5ピコ 1.5ピコ 1.5ピコ 3ピコ
Advanced-MSDT
L判最速印刷 19秒 19秒 22秒 69秒
2Way給紙
両面印刷 別売
CD/DVDレーベル印刷
スキャナ 3200×6400dpi(CCD) 1200×2400dpi(CIS) 1200×2400dpi(CIS) 1200×2400dpi(CIS)
フィルムスキャン
退色復元
メモリカードリーダー 4スロット 4スロット 4スロット 4スロット
コンボドライブ
USB 2.0
有線LAN 別売 別売 別売
無線LAN 別売 別売 別売
サイズ(幅×奥行き×高さ) 446×503×242ミリ 446×432×237ミリ 450×413×205ミリ 450×340×179ミリ
重量 約12.8キロ 約10.6キロ 約8.3キロ 約5.9キロ
予想実売価格 3万円台後半 3万円台前半 2万円台後半 1万円台後半
発売予定日 10月4日 10月4日 10月4日 10月4日
※記事初出時、PX-A740の予想実売価格に誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。

 複合機の新モデルは、搭載する機能が下表のように異なる。上位2モデルのPM-T960とPM-A940は、ダイレクトプリント時のナチュラルフェイス、印刷前に補正効果を液晶モニタ上でプレビューできる「仕上がりview」、写真コピー時のEpson Colorの適用、デジカメ画像に埋め込まれた文字情報の合成印刷、携帯電話データ印刷用のウィザード形式メニュー、両面コピーや2アップコピーの操作を容易にするBOOKコピーモード、赤目補正などに対応する。

 PM-A840とPX-A740は、PC上でのみナチュラルフェイスに対応。エントリークラスのPX-A740は、画像処理エンジンのREALOIDが搭載されないなど、上位モデルに比べて性能や機能が制限される。

複合機新モデルが搭載する機能
モデル名 PM-T960 PM-A940 PM-A840 PX-A740
Epson Color
REALOID
ナチュラルフェイス PCのみ PCのみ
仕上がりView
TVプリント
フィルムEpson Color
写真コピーEpson Color
手書き文字合成
携帯メニュー
P.I.F印刷
文字情報の合成印刷
飾りっプリ、モバプリ
コピー原稿種選択
BOOKコピーモード
動画印刷
スライドショー印刷
赤目補正
赤外線(IrSimple)
PictBridge/USB-DP
Bluetoothユニット 別売 別売 別売 別売

A4単機能プリンタは高速モノクロ印刷モデル「PX-V780」が登場

 A4単機能インクジェットプリンタは、染料インク(つよインク200)を採用したEpson Color対応の「PM-G860」と、顔料インク(つよインク200X)を用いたPX-V780がラインアップに加わった。A3対応モデルの「PM-G4500」と「PM-3700C」は併売となる。A4ダイレクトプリンタの新製品は投入されず、複合機に統合された形だ。

 PX-V780は、顔料ブラックインクの2カートリッジ構成により360本のブラックノズルを装備(カラー3色は各59本)。従来の「PX-V630」(ブラックノズル180本)と比較してノズル数が2倍になり、A4モノクロの印刷速度は37ppm(エプソン独自チャート)に高速化された。

tm0709ep01_05.jpgtm0709ep01_06.jpg 左からPM-G860、PX-V780。天板がフラットなデザインに変更された。ボディのカラーも従来機と異なり、黒もしくは白で統一されている

A4単機能プリンタ新モデルのラインアップ
モデル名 PM-G860 PX-V780
インク 染料6色 顔料4色
ノズル数 90本×6色 360本(BK)、59本×3色(CMY)
最高解像度 5760×1440dpi 5760×1440dpi
最小インク滴 1.5ピコ 3ピコ
Advanced-MSDT
L判最速印刷 22秒 73秒
CD/DVDレーベル印刷
Epson Color
ナチュラルフェイス PCのみ PCのみ
USB 2.0
サイズ(幅×奥行き×高さ) 450×282×187ミリ 435×240×161ミリ
重量 約5.4キロ 約3.9キロ
予想実売価格 1万円台半ば 1万円台前半
発売予定日 10月4日 10月4日

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.