ニュース
» 2008年01月23日 14時44分 UPDATE

ASUS、GPU×2基搭載の“Radeon HD 3870 X2”採用グラフィックスカードを発表

ASUSTeKは、Radeon HD 3870 X2搭載モデルなどPCI Express x16接続対応グラフィックスカード計4製品を発表した。

[ITmedia]

 ASUSTeKは1月23日、Radeon HD 3870 X2搭載モデルなどPCI Express x16接続対応グラフィックスカード計4製品を発表、2月より順次出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格は「EAH3870X2/G/HTDI/1G」が6万7000円前後、「EAH3650 TOP/HTDI/256M」が1万4500円前後、「EAH3650/HTDI/256M」が1万4000円前後、EAH3450/HTP/256Mが1万円前後。

photophotophoto 左からEAH3870X2/G/HTDI/1GU、EAH3650 TOP/HTDI/256M、EAH3450/HTP/256M

 EAH3870X2/G/HTDI/1Gは、1枚のカード上にGPUを2基搭載したデュアルGPUグラフィックスカードで、GPUとしてRadeon HD 3870 X2を採用。搭載メモリはGDDR3 1Gバイトで、コアクロック825MHz/メモリクロック1.8GHzにて動作する。

 EAH3650 TOP/HTDI/256MおよびEAH3650/HTDI/256Mは、ミドルレンジ向けの新GPUとなるRadeon HD 3650を採用するモデルで、搭載メモリはGDDR3 256Mバイト。EAH3650 TOP/HTDI/256Mはコア/メモリクロックを向上させたオーバークロックモデルで、動作周波数はコアクロック800MHz/1.8GHz。EAH3650/HTDI/256Mは定格動作モデルで、コアクロック725MHz/メモリクロック1.6GHzでの動作となる。

 EAH3450/HTP/256Mは、Radeon HD 3450搭載のファンレス動作モデル。搭載メモリはGDDR2 256Mバイト、動作周波数はコアクロック600MHz/メモリクロック1GHzとなっている。

関連キーワード

Radeon | グラフィックスカード | GPU | ASUS | AMD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう