ニュース
» 2008年02月20日 13時27分 UPDATE

バッファロー、外出先からもデータ参照可能な「Webアクセス機能」搭載NAS「LinkStation LS-HGL」

バッファローは、ローカルデータ共有機能のほかWeb経由でのデータ参照を可能とする「Webアクセス機能」を備えたコンパクトNAS「LS-HGL」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo LS-HGLシリーズ

 バッファローは2月20日、Web経由でのデータ参照も可能なコンパクトNAS「LS-HGL」シリーズを発表、2月下旬より発売する。価格は250Gバイトモデルの「LS-H250GL」が2万5300円、320Gバイトモデルの「LS-H320GL」が2万7400円、500Gバイトモデルの「LS-H500GL」が3万1700円、1Tバイトモデルの「LS-H1.0TGL」が5万8300円。

 LS-HGLシリーズは、幅45ミリのスリム筐体を採用したNAS。通常のLAN共有のほか、外部からHDD内データにアクセス可能な「Webアクセス機能」を搭載しており、あらかじめバッファローのWebサイトに本機を登録しておくことで、Web経由で外部からのダウンロードが可能となる(アップロードは不可)。

 NAS機能としては、LAN内のすべてのPCと連動して電源のON/OFFを自動切り替えできる省電力機能「PC連動電源機能」も利用できる。接続インタフェースはギガビット対応LAN×1。そのほかUSBポート×1を装備、別途外付けHDDを接続することで容量の増設やバックアップなどが可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.