ニュース
» 2008年04月23日 17時01分 UPDATE

アイ・オー、PCI Express x1接続対応の地デジキャプチャーカード「GV-MVP/HS」の詳細を発表

アイ・オー・データ機器は、PCI Express x1接続対応のPC内蔵型地上デジタル放送キャプチャーカード「GV-MVP/HS」の詳細を発表した。

[ITmedia]
photo GV-MVP/HS

 アイ・オー・データ機器は4月23日、PCI Express x1接続対応のPC内蔵型地上デジタル放送キャプチャーカード「GV-MVP/HS」の詳細を発表した。出荷予定は5月中旬(B-CASカードの発行認可を受け次第)で、価格は2万1000円だ。

 基板をB-CASカードスロット部と地デジチューナー基板の2層構造としたことで、奥行き約125ミリのコンパクト設計を実現。占有スロット幅は1スロットとなっている。また低消費電力も特徴で、同社従来アナログチューナーカード比で消費電力を約30%削減した。

 HD映像再生向け機能として、MPEG-2デコードを最適化する動画エンジン「Super Live Creationエンジン」を搭載、コマ落ちの発生しないなめらかでクリアな動画を再生可能だ。視聴/録画ソフトには、同社オリジナルの「mAgicTV5」をベースとした地上デジタル対応ソフト「mAgicTV Digital」が付属。iEPG/EPGでの番組予約対応するほか、任意のキーワードで観たい番組を絞り込んで自動録画する「おまかせ録画」機能なども利用できる。

 対応OSはWindows XP(SP2以降)/Vista。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.