ニュース
» 2008年05月30日 08時21分 UPDATE

Dell決算、サーバやノートPCが好調で増収増益

Dellの2〜4月期決算は、サーバやノートPCの出荷が業界平均を上回る伸びをみせ、売上高は前年同期比9%増。純利益は同4%増だった。

[ITmedia]

 米Dellが5月29日発表した同社第1四半期(2〜4月期)決算は、売上高は160億7700万ドルで、前年同期を9%上回り、2〜4月期としては過去最高を記録した。純利益は同4%増の7億8400万ドル(1株当たり38セント)だった。純利益には、事業再編成や人員削減関連のコスト1億600万ドルなどの影響が反映されている。

 製品出荷台数は同四半期に22%増を記録。中でも、サーバ(21%増)やノートPC(43%増)などの戦略製品が好調で、いずれも業界平均を上回る伸びを見せたという。

 地域別では、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)諸国での売上高が前年比で58%増、出荷台数が73%増となるなど、新興国市場での売り上げが伸びており、同社の米国外での売上高が初めて米国内での売上高を上回った。アジア太平洋および日本も好調で、売上高は19%増、出荷台数は31%増だった。

 同社では、2〜4月期に3700人、過去12カ月で合計7000人(買収の影響を除く)の人員削減を実施。引き続きコスト削減に取り組んでおり、売上高に対する営業費用の割合を、前四半期の13.9%から12.9%に圧縮した。

 今後の見通しについては、新興国市場やサーバ、ノートPCなど、戦略分野での好調は続く一方、引き続きリストラ関連費用の計上を見込んでいることに加え、米企業顧客のIT支出保守化による影響を受けるとみている。特に夏場は、季節要因もあって米国企業の支出抑制が続くとの見方だ。

関連キーワード

Dell | 決算 | リストラ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう