ニュース
» 2008年08月21日 12時55分 UPDATE

日本HP、オフィス向けのエントリーノート計5製品を投入

日本ヒューレット・パッカードは、新デザイン筐体を採用する法人向けのノートPC計5機種を発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは8月21日、新デザイン筐体を採用する法人向けのノートPC計5機種を発表、本日より販売を開始する。ラインアップは、カスタマイズ対応モデルが「HP Compaq 6730b/CT Notebook PC」「HP Compaq 6535s/CT Notebook PC」「HP Compaq 2230s/CT Notebook PC」(以下、6730b/CT/6535s/CT/2230s/CT)の3製品、固定仕様モデルが「HP Compaq 6830s Notebook PC」「HP Compaq 550 Notebook PC」(以下、6830s/550)の2製品の計5機種を用意。価格は6730b/CTが11万5500円から、6535s/CTが6万2790円から、2230s/CTが10万5000円から、6830sが8万6100円から、550が7万3290円(いずれも税込み)。

photophotophoto 6730b/CT(左)、6535s/CT(中)、2230s/CT(右)  ※製品版は日本語キーボードを装備

 6730b/CTは、15.4インチワイド液晶装備のビジネススタンダードモデルで、CPUはCore 2 Duo P8400/P8600を選択可能。オフィス向けのレガシーデバイスへの対応としてシリアルポートを標準装備した。

 6535s/CTは、AMD製プラットフォーム採用によりコストパフォーマンスに優れるコンパクトノートで、14.1インチワイド液晶を搭載。CPUはSempron SI-40(2GHz)を装備した。また、HDDを衝撃と振動から保護する「HP 3Dドライブガード」なども備えている。

 2230s/CTは、12,1インチワイド液晶搭載のモバイルモデル。CPUはCore 2 Duo P8400/P8600を搭載できるほか、メモリは最大8Gバイトまで拡張可能。出力インタフェースとしてHDMI出力を標準装備しており、プレゼンなどにも利用することができる。

photophoto 6830s(左)、550(右)  ※製品版は日本語キーボードを装備

 6830sは、1440×900ドット表示対応の大型17インチワイド液晶を内蔵した固定仕様モデルで、CPUはCeleron 575(2GHz)、メモリは1Gバイトを装備。グラフィックスコアはチップセット内蔵のMobility Radeon HD 3430が利用可能だ。

 550は、ビジネス向けの必要十分機能を備えた低価格モデル。CPUはCeleron M 530、メモリは512Mバイトを装備、無線LANは未装備とした。液晶ディスプレイは15.4インチワイド液晶を備える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう