ニュース
» 2008年11月05日 11時43分 UPDATE

NEC、世界最小をうたうエントリー向けWS「Express5800/51Ma」

NECは、容量3リットルの小型筐体を採用したエントリーユーザー向けワークステーション「Express5800/51Ma」など2製品を発表した。

[ITmedia]
photo Express5800/51Ma(左)、Express5800/51Lf(右)

 NECは11月5日、容量3リットルの小型筐体を採用したエントリーユーザー向けワークステーション「Express5800/51Ma」、およびスリム筐体採用モデル「Express5800/51Lf」の2製品を発表、11月21日より順次出荷を開始する。価格は、Express5800/51Maが16万9000円から(Celeron 550搭載構成時)、Express5800/51Lfが17万4000円から(Pentium E2160搭載構成時)。

 Express5800/51Maは、本体サイズ195(幅)×181(奥行き)×83(高さ)ミリ(横置き時/スタビライザ含まず)の超小型筐体を採用するエントリー向けWS。また低消費電力も特徴で、同社従来モデル「Express5800/51Le」比で約1/3の消費電力を実現した。

 CPUはCeleron 550/Core 2 Duo T8100/T7500/T9300の搭載に対応。メモリはDDR2 512Mバイト〜2Gバイト、HDDは160Gバイト、光学ドライブはDVD-ROM/DVDスーパーマルチドライブを選択可能だ。OSはWindows Vista Business。

 Express5800/51Lfは、スリム筐体採用のWS「Express5800/51Le」の後継モデルで、搭載マザーボードをIntel Q35 Expressチップセット搭載製品に変更。CPUはCeleron 440/Pentium E2160/Core 2 Duo E7400/E8400を選択可能となった。メモリはDDR2 512Mバイト〜2Gバイト、HDDは160Gバイト〜250Gバイト、光学ドライブはDVD-ROM/DVDコンボドライブ/DVDスーパーマルチドライブを選択できる。OSはWindows Vista Business。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう