ニュース
» 2008年11月06日 17時08分 UPDATE

富士通、シニア向け「FMVらくらくパソコン」新モデル――色分けキーボード採用

富士通は、シニア層ユーザー向けとなるノートPC「FMVらくらくパソコン」を発売する。キーボードもシニア向けとなっている。

[ITmedia]

 富士通は11月6日、シニア層ユーザー向けとなる「FMVらくらくパソコン(FMV-BIBLO NF/BR)」を発表、本日より販売を開始する。価格はオープン、同社直販「WEB MART」販売価格は17万9800円から。

photophotophoto カラーバリエーションは白と黒を用意(左/中)。キーボード部(右)はキーの色分けがなされているほか、キートップ文字も大きく刻印されている

 FMVらくらくパソコンは、シニア向けPC「FMVらくらくパック」と同様の専用サービスを加えたノートPC。今回の製品では本体仕様もシニア向けになっているのが特徴で、文字キーや母音キーを色分けした「らくらくキーボード」を搭載した。また、キーボード上側には、サポートソフトやPC調節機能を呼び出せる「ワンタッチボタン」も備えている。

 またソフトウェア面では、シニア向けのメニュー画面「らくらくメニュー」、文字入力が苦手な人でも検索を行える「かんたん検索」などが利用可能となっている。

 CPUはCore 2 Duo P8400(2.26GHz)、メモリは2Gバイト、HDDは250Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows Vista Home Premium(SP1)で、Office Personal 2007もバンドルされている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.