ニュース
» 2008年11月13日 19時09分 UPDATE

サムスン、16:9のワイド液晶ディスプレイを23型から15.6型まで5機種発表

日本サムスンは、1920×1080ドット対応23型ワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 2333SW」など計5機種を発表した。

[ITmedia]

 日本サムスンは11月13日、1920×1080ドット対応の23型ワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 2333SW」など計5製品を発表、11月下旬より順次発売する。ラインアップは23型ワイドモデルの「SyncMaster 2333SW」、21.5型ワイドモデルの「SyncMaster 2233SW」、20型ワイドモデルの「SyncMaster 2033SW」、18.5型ワイドモデルの「SyncMaster 933SN」、15.6型ワイドモデルの「SyncMaster 633NW」。価格はいずれもオープン、予想実売価格はそれぞれ3万5000前後/3万円前後/2万5000円前後/2万円前後/1万8000円前後だ。

 5機種はいずれも、アスペクト比16:9のワイドパネルを採用し16:9のコンテンツをゆがみなくそのまま表示できるのが特徴。ダイナミックコントラスト機能により最大1万5000:1の高コントラスト表示を実現した(633NW以外)。インタフェースは、上位モデルの2333SW、2233SW、2033SWでHCDPに対応し、アナログD-Sub×1、DVI×1の2系統を備える。

 応答速度はローモデルの633NWが8ms、それ以外のモデルは5ms。輝度は633NWが250カンデラ/平方メートル、上位4モデルが300カンデラ/平方メートル。コントラスト比は633NWで500:1(ダイナミックコントラスト使用時は1万2000:1)、上位4モデルでは1000:1(ダイナミックコントラスト使用時は2万:1)。視野角は全モデルで水平170度/垂直160度。

kn_sasung_01.jpg SyncMaster 2333SW

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう