ニュース
» 2008年11月19日 15時29分 UPDATE

バッファロー、11n対応のビジネス向け無線アクセスポイント2機種

バッファローは、IEEE802.11a/b/g/n(ドラフト2.0)に対応したビジネス向け無線LANアクセスポイント2製品を発表した。

[ITmedia]
og_bf_001.jpg WAPM-APG300N

 ラインアップはIEEE802.11a/b/gの同時接続に対応した「WAPM-APG300N」と、IEEE802.11a/b/g切り替え接続タイプの「WAPM-AG300N」の2機種。いずれもマルチSSID(BSSID方式)に対応し、VLANとの組み合わせにより1台で複数のネットワークを構築できる。また5GHz帯には合計19チャンネルを用意し、屋外での利用が可能な5.6GHz(W56)帯も利用可能だ。有線LAN端子は1000BASE-Tに対応する。

 ユーザー認証方式はIEEE802.1X/EAPに対応。Radiusサーバとの組み合わせでセキュリティに配慮した無線ネットワークが構築できるという。また、本体にUSBメモリを接続し、大容量のログを長期間保存できる。なお本体には施錠が可能なセキュリティケースを装備する。なお、PoEもサポートしており、電源を確保できない壁や天井にもLANケーブルを接続するだけで設置できる(ACアダプタは別売)。

og_bf_002.jpg WAPM-AG300N

 本体サイズは、いずれも210(幅)×210(奥行き)×62(高さ)ミリ、重量はWAPM-APG300Nが約980グラム、WAPM-AG300Nが約950グラム。価格はそれぞれ4万9800円と3万9800円だ。

 これと同時に、IEEE802.11a/b/g/n(Draft 2.0)に対応し、ユーザー認証機能にIEEE802.1X/EAPを採用した無線LAN子機3機種も発表された。「WLP-UC-AG300」はUSB接続タイプ、「WLP-CB-AG300」はCardBus接続タイプ、「WLP-EXC-AG300」はExpress Card接続タイプ(Express Card/34)となる。

og_bf_003.jpgog_bf_004.jpgog_bf_005.jpg WLP-UC-AG300(写真=左)、WLP-CB-AG300(写真=中央)、WLP-EXC-AG300(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう