ニュース
» 2009年05月11日 13時28分 UPDATE

セイコーエプソン、ビジネス向けの“超短焦点”3LCDプロジェクター「EB-410W」

セイコーエプソンは、短焦点投写に対応したビジネスプロジェクター「EB-410W」を発表。0.62メートルから60型ワイド表示が可能だ。

[ITmedia]
photo EB-410W

 セイコーエプソンは5月11日、短焦点投写に対応したビジネスプロジェクター「EB-410W」を発表、5月下旬より発売する。価格は19万8000円(税込み)。

 EB-410Wは、短焦点レンズを標準搭載した3LCDプロジェクターで、0.62メートルの至近距離から60型の投写が可能。パネル画素数は1280×800のワイド表示をサポートしており、リサイジングによりUXGA〜VGA解像度の表示にも対応する。

 表示スペックは、コントラスト比が500:1、明るさ(有効光束)が2000ルーメン。出力10ワットのスピーカーを内蔵、映像入力インタフェースとしてアナログD-Sub×2、Sビデオ×1、コンポジットビデオ×1を備える。本体サイズは327(幅)×272(奥行き)×157(高さ)ミリ、重量は3.6キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.