ニュース
» 2009年05月20日 23時06分 UPDATE

「XPより快適」──動画で見るWindows 7の起動速度とパフォーマンス (1/2)

マイクロソフトが実施したWindows 7 RC版の機能説明プレスセミナーで、「速い」と言われるWindows XPとWindows 7の起動時間比較デモが行われた。

[岩城俊介,ITmedia]
photo  

 2009年のホリデーシーズン(11月末以降)にリリースする次期OS「Windows 7」。コンシューマーユーザーは企業ユーザーほど「Vista飛ばし/敬遠」が顕著ではないが、日常で行う作業がどの程度快適になるのか、何が変わるのか、そしてそれらが対価に値するのかはやはり重要なポイントとなる。

 中でもユーザーがWindows 7を選択するトリガーになるのは「パフォーマンス」だ。Windows 7はパフォーマンス改善に関して以下の仕組みを導入し、実測値とともに体感値の向上も実現するという。

ディスクI/O、レジストリアクセスの高速化

 ディスクI/Oやレジストリアクセスの高速化は、起動やシャットダウン、スリープや休止状態からの再開スピードを改善し、「使用するまで」にかかる時間の短縮に寄与する。

トリガースタートサービス/バックグラウンド処理

 トリガースタートサービスは、システムの状態をトリガーにしてサービスを逐次起動する──ユーザーによって開始されない処理はバックグラウンドで実行する仕組みとなる。OSの起動時に開始するサービスは、Windows XPが40個、Vistaが61個であったのに対し、Windows 7はXPの値に近い49個としたことで、同じPCでもVista以上の高速起動を実現する。

photophoto 「使用するまで」「使用している最中」の速度向上のための工夫を施し、全体的なパフォーマンス向上を実現する。起動、シャットダウン、大きなサイズのファイルを開く時間は特にパフォーマンスの向上が見込める

Windows Search 4.0の導入

 検索結果の並び替えやグループ分けに関わるチューニングを進め、検索スピードを40%向上させる。

デバイス認識速度の向上/ReadyBoost強化

 USB周辺機器など、装着後のデバイス認識にかかる速度やドライバインストール速度を向上。同時にシステムの高速化を図るReadyBoostは、USBメモリ以外に複数のフラッシュデバイスをサポートする。

2D描画速度も高速化

 Windows 7の新Win32 APIのうち、2Dグラフィックスの描画に用いる「Direct2D」は、解像度に依存しない2DのAPIを採用し、従来のGDI(Graphic Device Interface)やGDI+より高品質でパフォーマンスにも優れる描画性能を実現する。また、デスクトップ描画を担うWindow 7のDesktop Window Manager(WDM/Direct3D 10.1 API)は、ウィンドウあたりのメモリ消費を50%削減するとともに、ウィンドウの数に関係なく消費メモリは一定となる特徴を持つ。

 ウィンドウの数に比例してメモリ消費量が増え、結果として重くなる仕組みだったWindows Vistaに対し、Windows 7は数多くウィンドウを開く場合も消費メモリ量が変わらないため、描画速度に影響をもたらさないという。

photophoto 実速度のほか、体感速度にも影響する描画性能も大きく改善される
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.