ニュース
» 2009年08月07日 07時00分 UPDATE

日立GST、2TバイトHDDの出荷を開始

日立GSTは、7200rpmで容量2Tバイトの3.5インチHDDを開発し、出荷を始めた。

[ITmedia]
photo

 日立グローバルストレージテクノロジーズは8月6日、容量2Tバイトの3.5インチHDD「Deskstar 7K2000」の出荷を開始したと発表した。毎分7200回転の3.5インチHDDとしては業界初の容量だとしている。

 1枚当たり400Gバイトのディスク5枚構成(1平方ミリ当たり452.6Mビット)。最大データ転送速度は毎秒1700Mビット。インタフェースはSerial ATA。高性能デスクトップPCやワークステーション、ディスクアレイシステム、ゲーム機などでの利用を想定している。

 1枚当たり500Gバイトのディスクを採用した「Deskstar 7K1000.C」も発表。1Tバイトから160Gバイトまで7モデルをラインアップする。

関連キーワード

ハードディスク | 日立GST


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう