ニュース
» 2010年06月17日 15時00分 UPDATE

フィルムスキャンを高速化:キヤノン、9600dpiのフィルム対応フラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F」

キヤノンの「CanoScan 9000F」は、フィルムスキャン対応のA4フラットベッドスキャナ。内部設計を一新し、フィルム読み取りにおける速度と画質の向上を図った。

[ITmedia]
tm_1006cs900f_01.jpg 「CanoScan 9000F」

 キヤノンは6月17日、フラットベッドスキャナ「CanoScan」シリーズの新モデルとして、フィルムスキャン対応の「CanoScan 9000F」を発表した。発売は7月8日の予定だ。価格はオープン、キヤノンオンラインショップでの直販価格は2万5980円。

 2007年8月に発売した「CanoScan 8800F」の後継となる、CanoScanシリーズのフラッグシップモデル。新開発した9600dpiのCCDセンサーに加え、非球面ST(スーパー・トーリック)レンズを採用した光学設計の一新により、中央から周辺にかけてのフォーカス性能を均一化しつつ、温度変化によるピント移動量を低減した。透過原稿(FAU)ユニットは開口窓を縮小し、LED電流値を上げることで、8800Fに比べて光量を約2倍に高めており、フィルムスキャンにおける速度と画質の向上を図っている。

 光学解像度は4800×4800dpi(フィルム読み取りは9600×9600dpi)、光源は白色LED、階調はカラー48ビット入出力(RGB各色16ビット)に対応する。フィルムスキャン機能は、35ミリスリーブ12コマ、35ミリマウント4コマの連続読み取りが可能で、最大6×22センチのブローニーフィルムも読み取れる(スリーブのみ)。独自の画像処理技術「FARE LEVEL 3」の搭載により、ごみ傷除去、退色補正、粒状感低減、逆光補正などの画像処理補正が行える。4800dpi設定時のフィルムスキャン速度は、35ミリネガ1コマで約1分40秒、35ミリポジ1コマで約41秒をうたう(8800Fはネガで約4分40秒、ポジで約1分15秒)。

tm_1006cs900f_02.jpg 天面に7つのボタンと電源ボタンを備える

 反射原稿のスキャンでは、文字/画像/背景などの領域を自動判別し、各所に適した補正を行うことにより、文字はシャープに、画像は階調性を保持して読み取る「自動文書補正」をサポートした。原稿台に収まらないA3など大判サイズの原稿を半分ずつ読み取り、PC上で1枚の画像データに合成してオリジナルに近いイメージで保存できる機能も持つ。

 本体サイズは270(幅)×480(奥行き)×111(高さ)ミリ、重量は約4.6キロ。インタフェースはUSB、ワンタッチボタンは7つ(PDF×4、AUTO SCAN、COPY、E-MAIL)を装備する。FAUのケーブルを本体内部に配線し、電源を外付けACアダプタから内蔵に変更することで、省スペースに配慮した。

 対応OSはWindows 2000(SP4)/XP(SP2〜)/Vista(SP1〜)/7、Mac OS X 10.4.11〜10.6。画像処理ソフトの「Photoshop Elements 8」と「ArcSoft PhotoStudio」、OCRソフトの「読取革命Lite」が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.