ニュース
» 2010年07月30日 17時53分 UPDATE

EVGA、デュアルXeonを搭載可能なHPTXマザー「270-WS-W555-KR」

リンクスインターナショナルは、EVGA製となるHPTXフォームファクタ対応マザーボード「270-WS-W555-KR」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo 270-WS-W555-KR

 リンクスインターナショナルはこのほど、EVGA製となるHPTXフォームファクタ対応マザーボード「270-WS-W555-KR」の取り扱いを発表、7月31日より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は6万8800円前後。

 270-WS-W555-KRは、大型特殊フォームファクタとなるHPTXに対応したデュアルLGA1366対応マザーボードで、チップセットはIntel 5520+ICH10Rを採用しXeon 5500/5600系を2基搭載可能。メモリスロットはDDR3対応スロット12本を装備、最大48Gバイトを内蔵できる。

 拡張スロットはPCI Experss 2.0 x16×7(x16動作×4、x8動作×3)で、2-Way〜4Way SLIをサポートした。バックパネルはUSB 3.0×2、USB 2.0×6、eSATA×1、PS/2×1、ギガビット対応LAN×2などを備えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう