レビュー
» 2010年10月25日 00時00分 UPDATE

この性能でこの価格、意外といいかも:「HP Omni 100」実力診断――6万円切りの省電力な液晶一体型PC (1/3)

PCの主流がノート型に移行して久しいが、持ち運ばないなら、デスクトップ型のほうが同じ価格で高性能を得られる。HPが放つ6万円切りの液晶一体型PC、その実力は?

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

HPに“Omni”が帰ってきた

tm_1010_omni_01.jpg 「HP Omni 100」

 日本ヒューレット・パッカードの「HP Omni 100」は、2010年秋冬モデルで追加された液晶ディスプレイ一体型デスクトップPCの新機種だ。日本HPが販売する液晶一体型PCにおいて、「HP TouchSmart PC」や「HP All-in-One PC200」の下位に位置しており、エントリークラスをカバーする。

 かつてHPは「OmniBook」のブランド名で幅広くノートPCを展開していたため、Omniという名前に愛着がある人もいるのではないだろうか。従来機種との関連性は見られないが、久しぶりにOmniの名を冠したPCが復活したことになる。

 Omni 100の特徴は、何といってもコストパフォーマンスの高さだ。CPUに低消費電力のAthlon II X2を採用しており、シンプルなデザインの省スペースボディとWindows 7を快適に使える性能を両立しつつ、直販モデル(HP Directplusモデル)で5万9850円という低価格を実現している。さらに、HDD容量とOSのグレードが上がり、Office Personal 2010やHP 安心サポート365が標準添付された量販店モデル(実売価格は10万円前後)も用意されている。

 今回は低価格な直販モデルの「100-5210jp」を入手したので、気になる性能や使い勝手を検証していこう。

CPUに低消費電力のAthlon II X2 270uを採用

 CPUにはAMDのAthlon II X2 270uを搭載している。Socket AM3に対応するデスクトップ向けCPUだが、Omni 100のような液晶一体型PCなどへの搭載を意識し、TDP(熱設計電力)は25ワットと消費電力をノートPC並に抑えた低消費電力モデルだ。動作クロックは2.0GHz、2次キャッシュ容量は2Mバイト(1Mバイト×2)となっている。

tm_1010_omni_02.jpg CPU-Zの情報表示画面。CPUはAthlon II X2 270uを採用する。動作クロックは2.0GHzと最近のデスクトップPC向けCPUにしては低いが、TDP25ワットの低消費電力が特徴だ
tm_1010_omni_03.jpg Athlon II X2 270uは、省電力機能のCool'n'Quietに対応しており、アイドル時/低負荷時は最低800MHzまで動作クロックが下がる

 メモリはPC3-10600 SO-DIMMに対応し、標準で4Gバイト(2Gバイト×2)を搭載する。低価格な機種でもメモリ容量を最初から4Gバイト搭載しているのは好感がもてる。データストレージには3.5インチのHDD(Serial ATA 3Gbps対応/7200rpm)を採用しており、容量は直販モデルで320Gバイト、量販店モデルは500Gバイトとなっている。

 2基のメモリスロット(SO-DIMMスロット)と3.5インチHDDベイには、背面のカバーを外すことで比較的容易にアクセスできるが、省スペース性を重視した液晶ディスプレイ一体型ボディゆえに、メモリスロットやHDDベイの空きはない。光学ドライブとしては、ボディ右側面にスリムタイプのDVDスーパーマルチドライブを内蔵している。

tm_1010_omni_04.jpg 背面には「HP」のロゴを大きく配置している。マットブラックで統一されており、全体にシンプルなデザインだ
tm_1010_omni_05.jpg 背面のカバーはドライバーなしで取り外せる。カバーを外すと、2基のメモリスロットや3.5インチHDDベイ、CPUが現れる
tm_1010_omni_06.jpg 3.5インチHDDベイはネジを取り外した後、ハンドルを持って簡単に引き出せる

 Webページのスペック表によれば、チップセットはAMD M880G、グラフィックス機能はチップセット内蔵のATI Radeon HD 4270となっている。AMDの公式スペックではAMD M880GはATI Radeon HD 4250を内蔵することになっているが、OEM向けの少し仕様の異なるものを利用しているのだろう。

 GPU-ZでGPU情報を見てみると、Radeon HD 4250と基本構造は同一で、GPUコアクロックが少し引き上げられたもののようだ。DirectX 10.1対応でHD動画再生支援機能のUVD2を搭載しており、Blu-ray DiscタイトルなどのHD動画、またYouTube動画などもCPUに負担をかけず快適に再生できる。

tm_1010_omni_07.jpg CPU-Zのチップセット情報では「AMD 785GX/SB850」と表示される。AMD 785GXというチップセットはAMDが公式には発表していないが、AMD 785GとAMD 880Gの間に位置すると考えられる。AMD SB850はSerial ATA 6Gbpsに対応しているが、搭載HDDは3Gbps対応だ
tm_1010_omni_08.jpg GPU-ZでのGPU情報表示画面。ATI Radeon HD 4270のGPUコアはクロックが590MHzとなっている。以前レビューした「HP Pavilion Notebook PC dv6a/CT」が搭載していたAMD M880G内蔵Radeon HD 4250のコアクロックは500MHzだった。ユニファイドシェーダ数やROP数などのスペックは共通だ

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.