ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Radeon」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Radeon」に関する情報が集まったページです。

AMDが1440pゲーミングに最適化したGPU「Radeon RX 6700 XT」を発表 米国では3月18日発売 479ドルから
AMDが、Radeon 6000シリーズのメインストリームGPUを発表した。1440p(WQHD、2560×1440ピクセル)の解像度で高いフレームレートを維持してゲームを楽しむことに最適化されており、先行するハイエンド製品よりも手頃な価格を実現している。(2021/3/4)

古田雄介の週末アキバ速報:
「20日からはRadeon RX 5700系が人気です」――マイニングのトレンド変化に機敏に反応するアキバ
暗号資産のレートが下落した後も、マイニング需要は変化しながら続いているという。一方で、「マイニングブームが来ても来なくても、とにかくモノがない!」との苦しいコメントも聞いた。(2021/1/23)

古田雄介のアキバPick UP!:
2021年初頭もRTX 3080 & Ryzen 5000はレアアイテムのまま
PCパーツの品薄傾向は年末までの流れを引き継ぎつつ、やや深刻度を増したジャンルも増えている様子だ。その中でも、Radeon RX 6800 XTカードやIntel Z490搭載マザーボードの新製品が登場して売り場をにぎわせている。(2021/1/11)

古田雄介の週末アキバ速報:
BIOSTARからRadeon RX 6800 XTリファレンスモデルが登場!
年内の入手が絶望的だったRadeon RX 6800 XT/6800搭載カードだが、わずかながらも店頭に在庫が並ぶ光景が見られるようになってきた。そして、リファレンスデザインのモデルもこのタイミングで登場している。(2020/12/19)

サードウェーブ、Radeon RX 6900 XTを搭載したハイエンドゲーミングPCを発売
サードウェーブは、ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズにRadeon RX 6900 XT搭載ハイエンド構成モデルを追加した。(2020/12/14)

TSUKUMO、Radeon RX 6900 XTを標準装備したハイスペックゲーミングPCを発売
Project Whiteは、ゲーミングデスクトップPC「G-GEAR neo」シリーズにRadeon RX 6900 XT搭載モデルを追加した。(2020/12/14)

古田雄介の週末アキバ速報:
2020年“最後の大物”Radeon RX 6900 XT搭載グラフィックスカードが登場!
12月11日19時に、現行Radeonシリーズの最上位GPU「Radeon RX 6900 XT」を搭載したグラフィックスカードの販売が解禁となった。そして、やはりあっという間に枯渇状態に……。(2020/12/12)

GeForce RTX 3080と比べてどう? AMDの新型GPU「Radeon RX 6900 XT」の実力をチェック!
AMDの新型GPU「Radeon RX 6900 XT」が間もなく登場する。Radeon RX 6000シリーズのフラグシップとして、競合のハイエンドGPUを超える性能を有するという。その実力を、ベンチマークテストを通してチェックしてみよう。(2020/12/9)

インバースネット、Radeon RX 6900 XT搭載ゲーミングPCを発売
インバースネットは、同社製ゲーミングデスクトップPCのラインアップにRadeon RX 6900 XT搭載モデル3構成を追加した。(2020/12/7)

古田雄介の週末アキバ速報:
Radeon RX 6800 XT/6800オリファンが新登場も、枯渇具合高まる
AMDのRadeon RX 6800 XT/6800を搭載した、グラフィックスメーカー独自基板モデルが売り出された。しかし、リファレンスモデル以上に入荷数が少なく、Web販売のみとするショップも多い。(2020/12/5)

AWS、Radeon GPUを搭載したEC2インスタンスを発表 AMD製GPUをAWSに初採用
NVIDIAのGPUを使ったインスタンスはあったが、AMD製GPUは初めて。(2020/12/3)

古田雄介の週末アキバ速報:
Radeon RX 6000シリーズの独自設計モデルに期待が高まるアキバ
登場してから枯渇が続くRadeon RX 6000シリーズだが、オリジナルデザインのモデルや上位GPUの発売情報が具体化し、そちらが注目を集めていく流れになってきている。(2020/11/28)

Radeon 6000シリーズ搭載ゲーミングPCが各社から販売開始
AMDの最新GPUとなるRadeon 6000シリーズ採用グラフィックスカードを搭載したゲーミングPCが各社から発表されている。(2020/11/24)

古田雄介のアキバPick UP!:
Radeon RX 6800 XT&RX 6800カードがデビュー! 年内は枯渇気味か
AMDの次世代GPU「Radeon RX 6800」シリーズを搭載したグラフィックスカードが販売解禁となった。入荷数については「厳しい」のコメントを方々で聞いた。(2020/11/23)

古田雄介の週末アキバ速報:
大物新製品ラッシュと新型コロナに揺れる自作PC街
Ryzen 5000シリーズに続いて、AMDからRadeon RX 6000シリーズも登場し、自作パーツ市場は大いに盛り上がっているが、新型コロナ感染の波も大きくなっている。そのとき、街の様子は――?(2020/11/21)

ついにハイエンドで“ガチンコ”勝負 AMDの新型GPU「Radeon RX 6800/6800 XT」の実力をチェック
間もなく発売するAMDの新型GPU「Radeon RX 6800」「Radeon RX 6800 XT」。同社初のハードウェアリアルタイムレイトレーシング(RT)に対応したことを始めとして、注目点は多い。RT対応の“先輩”であるGeForce RTX 30シリーズと比較しつつ、その実力をチェックしていく。(2020/11/18)

サイズは? 映像出力ポートは? 補助電源は? Radeon RX 6800/6800 XTをチェックしよう
間もなく発売されるAMDの新型GPU「Radeon RX 6800」と「Radeon RX 6800XT」。そのリファレンスカードが一部メディアおよびレビューワーに配布された。まずは、どのような外観を持っているのかチェックしていこう。(2020/11/16)

AMD、リアルタイムレイトレーシング対応「Radeon RX 6000」シリーズ発表 「Big Navi」搭載、579ドルから
AMDがGeForce RTXに対抗できる新Radeonを発表した。(2020/10/29)

米国では11月8日から順次発売:
AMDの新GPU「Radeon RX 6000」シリーズ正式発表 DirectX 12 Ultimate対応で579ドル(約6万円)から
AMDが、RDNA2アーキテクチャに基づく新GPUを搭載するグラフィックスカードを正式リリースした。DirectX 12 Ultimateに対応し、リアルタイムレイトレーシングも利用可能だ。同社のRyzen 5000シリーズと組み合わせると、さらにパフォーマンスが向上する仕組みもある。(2020/10/29)

TSUKUMO、Ryzen Threadripper搭載モデルなどクリエイター向けPC4製品を投入
Project Whiteは、Ryzen+Radeonを標準搭載したクリエイター向けデスクトップPC計4製品を発売する。(2020/10/8)

サードウェーブ、Ryzen+Radeonを搭載したクリエイター向けPCを発売
サードウェーブは、Ryzen+Radeonを標準等題したクリエイター向けデスクトップPC「raytrek Quebico使用スペックモデル」を発売した。(2020/10/8)

AMDが「Radeon RX 6000」搭載グラフィックスカードのイメージを公開 「Fortnite」では3Dモデルも
AMDが、Radeon RXの公式Twitterアカウントを通して「Radeon RX 6000」搭載グラフィックスカードのイメージを公開した。Fortniteの「Creative Island」として公開している「AMD Battle Arena」でも、3Dモデルが公開されている。(2020/9/15)

AMDがZen 3アーキテクチャの「Ryzen」とRDNA2アーキテクチャの「Radeon」を10月に発表
AMDが10月に、新型CPUと新型GPUを相次いで発表する。リサ・スーCEOやRadeonの公式Twitterアカウントを通して明らかとなった。(2020/9/10)

古田雄介のアキバPick UP!:
ハイエンドグラフィックスカードの売れ筋に次世代GeForceの影
MSIのRadeon RX 5700 XTカードなど、先週もハイエンドグラフィックスカードが店頭に登場している。このクラスで「様子見の空気が漂い始めてきた」と語るショップが一部で見られるようになってきた。(2020/8/31)

MSI、Ryzen 7 4800H+Radeon搭載の15.6型ゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、AMD製CPUとAPUを搭載したハイスペック15.6型ゲーミングノートPC「Bravo-15-A4DDR-056JP」を発売する。(2020/8/6)

TSUKUMO、“FPSゲーム向け”をうたったRadeon搭載ミドルタワーPCを発売
Project Whiteは、同社製ゲーミングPC「G-GEAR」にRyzen+Radeonを搭載したFPS向け構成モデルを追加した。(2020/8/5)

ボックス販売なし:
AMDがデスクトップ向け新APUを発表 Zen 2+Vegaの「Ryzen 4000」など
AMDが、デスクトップ向け新型APUを発表した。先行するモバイル向けと同様に、7nmプロセスのZen 2 CPUとRadeon GPUを統合していることが特徴で、企業向け管理機能を強化したモデルも用意する。合わせて、Athlonブランドの廉価APUも登場する。(2020/7/22)

MSI、Ryzen+Radeon搭載で8万円を切るエントリー15.6型ゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、Ryzen 5を標準搭載したエントリー価格帯の15.6型ゲーミングノートPC「Alpha-15-A3DC-242JP」を発表した。(2020/7/2)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Appleが“史上最速“と語る「16インチMacBook Pro+Radeon Pro 5600M」は買い? 新旧比較テストで分かった性能差
画面サイズを大型化しつつ、プロ向けに再構築された「16インチMacBook Pro」の登場から半年が過ぎ、より高速な内蔵GPUを選べるようになった。Appleが「史上最高性能のMacBook Pro」と語るその実力を従来モデルと比較しながら明らかにしていく。(2020/6/22)

Apple Store、16インチMacBook Proの“究極”モデルはRadeon Pro 5600Mに “旧究極”は値下げ
Apple Storeは、MacBook Pro (16-inch, 2019)のUltimateモデルにAMD Radeon Pro 5600M(8GB HBM2)モデルを追加販売開始した。(2020/6/19)

16インチMacBook Proに「Radeon Pro 5600M」搭載オプションが登場 標準構成に7〜8万円プラス
2019年11月に発売された「16インチMacBook Pro」にRadeon Pro 5600Mを搭載する構成が追加された。直販サイトなどで購入できるカスタマイズモデルで選択可能で、販売価格は標準構成から7〜8万円プラスとなる。(2020/6/15)

MSI、Ryzen+Radeonを搭載したゲーミングノート「Bravo」
エムエスアイコンピュータージャパンは、Ryzen 4000シリーズとRadeonを標準搭載したゲーミングノートPC「Bravo」シリーズを発表した。(2020/6/4)

AMDがプロ向けGPU「Radeon Pro VII」を発表 デザインシミュレーション、4K/8K動画編集や高機能計算を想定
AMDが、プロ向けGPU「Radeon Pro」の新モデルを発売する。デザインシミュレーション、4K/8K動画や高機能計算(HPC)の3用途での利用を想定しているという。合わせて、デバイスドライバーやレンダリングエンジンも更新される。(2020/5/13)

CHUWI、AMD A9-9820とRadeon R7 350を搭載したミニデスクトップPC「AeroBox」
CHUWI INNOVATIONは、8コアCPUのAMD A9-9820を標準搭載したオフィス向けミニPC「AeroBox」を発表した。(2020/3/13)

AMDのRadeon 3兄弟で「モンハン:アイスボーン」はどこまで楽しめる?
人気ゲームタイトル「モンスターハンター:ワールド」に大型拡張コンテンツ「アイスボーン」が加わった。AMDの新グラフィックスカード3兄弟でどこまで楽しめるのか、細かくチェックした。(2020/2/14)

古田雄介のアキバPick UP!:
強化ガラスより“リアル”――広まるオープンフレームのニーズ
アキバでは、長尾製作所の「オープンフレーム Ver.ATX」と「Ver.micro-ATX」が登場して、安定の人気を集めている。その他、1000円切りの内視鏡やRadeon RX 5600XTカードなどもが店頭をにぎわせた。(2020/1/27)

最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5600 XT」搭載カードが各社から
AMD製の最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5600 XT」を搭載したグラフィックスカードが各社から一斉に発表されている。(2020/1/23)

CES 2020:
CPUとGPUの両方でライバルを“圧倒” AMDが新型「Ryzen」「Radeon」をアピール
「Ryzen」を始めとするCPUと、GPU「Radeon」の両方を開発しているAMD。CPUにはIntel、GPUにはNVIDIAという“きょうごう”がいるが、CES 2020の基調講演において、その両方で性能優位であることをアピールした。(2020/1/10)

CES 2020:
全機能をサポートするミドルレンジGPU 「Radeon RX 5600」シリーズの実力は?
AMDが、Radeon 5000シリーズのミドルレンジ向けGPUの新製品を4つ発表した。「CES 2020」の基調講演では、デスクトップPC向けの「Radeon RX 5700 XT」に焦点を当てた説明が行われた。その実力は、いかに?(2020/1/9)

AMD、1080pゲーミングに適した「Radeon RX 5600」シリーズを発表
米AMDは、“1080pゲーマー向け”をうたった最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5600」シリーズの発表を行った。(2020/1/7)

CES 2020:
ゲーミングノート「Dell G5 15 Special Edition」にRyzenモデル登場 最新CPU+GPU搭載で799.99ドルから
DellブランドのゲーミングノートPCに最新RyzenとRadeonを搭載するモデルが登場。価格は799.99ドルからと、ゲーミングノートPCとしては手頃だ。合わせて、Alienwareブランドの最新ゲーミングディスプレイも登場する。(2020/1/7)

PowerColor、コンパクトな短寸基板を採用するRadeon RX 5700グラフィックスカード
アユートは、台湾PowerColor製のRadeon RX 5700搭載PCI Expressグラフィックスカード「RX5700 ITX 8GB GDD6」の取り扱いを開始する。(2019/12/19)

ミドルレンジGPU「Radeon RX 5500 XT」搭載カードが各社から
AMD製の最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5500 XT」を搭載するグラフィックスカードが各社から一斉に発表されている。(2019/12/13)

AMDが1080pゲーミングに最適化した「Radeon RX 5500 XT」を発表 2万円台前半から
AMDのミドルレンジGPUに新製品が登場。フルHDにおけるゲーミングに特化した性能にすることで価格を抑えている。【追記】(2019/12/12)

AMDが「Radeon Software」最新版をリリース UIを一新し安定性も向上
AMDのGPU「Radeon」用のソフトウェアが最新版となった。グラフィックスドライバーの安定性を向上し、ゲーミングに便利な機能を追加・改善した。(2019/12/10)

ACUBE、RDNAアーキテクチャ採用のプロ向けグラフィックスカード「Radeon Pro W5700」
エーキューブは、RDNAアーキテクチャを採用したPCIeグラフィックスカード「Radeon Pro W5700」を発表した。(2019/11/27)

SAPPHIRE、RGBファン3基を備えたRADEON RX 5700 XT搭載グラフィックスカード
アスクは、SAPPHIRE Technology製のRadeon RX 5700 XT搭載PCI Expressグラフィックスカード「NITRO+ RADEON RX 5700 XT 8G GDDR6 SPECIAL EDITION」の販売を開始する。(2019/11/25)

MSI、Ryzen+Radeon搭載の15.6型ゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、RyzenプロセッサとRadeonを標準搭載した15.6型ゲーミングノートPC「Alpha 15」を発売する。(2019/11/15)

G-Tune、Radeon内蔵Core i7を採用した13.3型ゲーミングノートPC
マウスコンピューターは、AMD製GPU機能を内蔵する“Kaby Lake-G”世代のCore i7を搭載する13.3型ゲーミングノートPCを発表した。【訂正】(2019/11/14)

MacBook Pro (16-inch, 2019) の実力を計測 Radeon Proの性能が高い
新MacBook ProはGPU性能がかなり上がっている。(2019/11/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。