ニュース
» 2010年12月02日 10時53分 UPDATE

Corsair、SandForce製SF-1200採用のSSDに2モデル追加

リンクスインターナショナルは、Corsair製Serial ATA接続対応SSD“Force”シリーズの新モデル2製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは、Corsair製Serial ATA接続対応2.5インチSSD“Force”シリーズの新モデル2製品の取り扱いを発表、12月4日より発売する。

 ラインアップは、180Gバイトモデルの「CSSD-F180GB2-BRKT」、90Gバイトモデルの「CSSD-F90GB2-BRKT」で、いずれも従来モデル同様にSandForce製SF-1200を採用しているのが特徴だ。接続インタフェースはSerial ATA 3Gbps。最大285Mバイト/秒の高速転送を実現するほか、Windows 7導入PCではTrimコマンドにも対応する。

 パッケージには、3.5インチドライブベイに組み込める変換アダプタも標準で付属する。価格はいずれもオープン。予想実売価格はCSSD-F180GB2-BRKTが4万1800円前後、CSSD-F90GB2-BRKTが2万1800円前後。

kn_cmssd_01.jpg CSSD-F180GB2-BRKT

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう