ニュース
» 2011年04月15日 11時58分 UPDATE

日本HP、実売5万円のCeleron搭載ベーシックノート

日本ヒューレット・パッカードは、15.6型ワイド液晶内蔵のエントリーノートPC「HP 2000-100」を発売する。

[ITmedia]
photo HP 2000-100

 日本ヒューレット・パッカードは4月15日、15.6型ワイド液晶内蔵のエントリーノートPC「HP 2000-100」を発表、4月21日より店頭販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は5万円前後(税込み)。

 HP 2000-100は、1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したノートPCで、CPUとしてCeleron T3500(2.1GHz)を搭載。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入している。

 メモリはDDR3 2Gバイト、HDDは320Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。30万画素Webカメラ、IEEE802.11b/g無線LANなども利用可能だ。本体サイズは377(幅)×246(奥行き)×32〜38(高さ)ミリ、重量は約2.48キロ。


 また日本ヒューレット・パッカードは、量販店向けラインアップに計3製品「HP Pavilion g6-1000 Notebook PC(ハイパフォーマンスモデル)」「HP ENVY17-2000(量販店向けモデル)」「HP Pavilion dv6-6000(量販店向けモデル)」を追加した。販売開始時期はそれぞれ4月21日/5月中旬/5月中旬で、予想実売価格は8万円前後/17万円前後/11万円前後。

関連キーワード

HP | ノートPC | Celeron | エントリークラス | Windows 7


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう