ニュース
» 2011年05月09日 13時50分 UPDATE

SAPPHIRE、「Radeon HD 6770」「Radeon HD 6750」搭載7モデル

アスクは、SAPPHIREのRadeon HD 6770搭載4モデル、Radeon HD 6750搭載3モデルの取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 今回、アスクが扱いを始めるRadeon HD 6770搭載グラフィックスカードは、「SAPPHIRE FLEX HD6770 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DP」「SAPPHIRE VAPOR-X HD6770 1G GDDR5 PCI-E DUAL DVI-I/HDMI/DP OC VERSION」「SAPPHIRE HD6770 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP」「SAPPHIRE HD6770 512M GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP」の4モデルだ。出荷開始は、SAPPHIRE HD6770 512M GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DPが5月中旬で、それ以外は5月9日。価格はオープンとなる。

 ベースとなるのが、「SAPPHIRE HD6770 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP」「SAPPHIRE HD6770 512M GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP」で、いずれも動作クロックはリファレンスデザインと共通する。内蔵するStream Processorsは800基、コアクロックは850MHz、メモリクロックは1200MHz。グラフィックスメモリはSAPPHIRE HD6770 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DPがGDDR5を1024Mバイト、SAPPHIRE HD6770 512M GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DPは512Mバイトをそれぞれ実装する。映像出力インタフェースは、デュアルリンク対応のDVI-IとHDMI、そして、DisplayPortを備える。

 「SAPPHIRE FLEX HD6770 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DP」は、動作クロックはリファレンスデザインと共通だが、映像出力インタフェースで、HDMI、DisplayPortのほかに、デュアルリンク対応のDVI-Iを2基に増やした。グラフィックスメモリはGDDR5を1024Mバイト実装する。

 「SAPPHIRE VAPOR-X HD6770 1G GDDR5 PCI-E DUAL DVI-I/HDMI/DP OC VERSION」は、さらにコアクロックを860MHzにアップしたモデルになる。そのほかの仕様はSAPPHIRE FLEX HD6770 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DPと共通で、デュアルリンク対応DVI-Iも2基備える。

 いずれのモデルも、消費電力は最大で108ワット、アイドル時で18ワットになる。また、外部電源用コネクタは、6ピンを1基用意する。

kn_sap_01.jpgkn_sap_02.jpg SAPPHIRE VAPOR-X HD6770 1G GDDR5 PCI-E DUAL DVI-I/HDMI/DP OC VERSION(写真=左)と、SAPPHIRE FLEX HD6770 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DP(写真=右)

 Radeon HD 6750を搭載するグラフィックスカードとして登場するのは、「SAPPHIRE VAPOR-X HD6750 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP OC VERSION」「SAPPHIRE HD6750 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP」「SAPPHIRE HD6750 512M GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP」の3モデルだ。出荷開始は、SAPPHIRE VAPOR-X HD6750 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP OC VERSIONが5月中旬の予定で、そのほかは5月9日から。

 ベースとなるのは、「SAPPHIRE HD6750 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP」と「SAPPHIRE HD6750 512M GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP」で、内蔵するStream Processorsは720基、コアクロックは700MHzとなる。グラフィックスメモリはGDDR5で、SAPPHIRE HD6750 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DPが1024MHz、SAPPHIRE HD6750 512M GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DPが512Mバイトそれぞれ実装する。ともに、メモリクロックは1000MHzだ。映像出力インタフェースはデュアルリンク対応のDVI-IとHDMI、そして、DisplayPortを備える。

 「SAPPHIRE VAPOR-X HD6750 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP OC VERSION」は、コアクロックを710MHzに、メモリクロックを1160MHzに引き上げたモデルで、映像出力インタフェースでも、HDMI、DisplayPortのほか、デュアルリンク対応DVI-Iが2基に増えている。

 いずれのモデルも、消費電力は最大で86ワット、アイドル時で16ワットになる。また、外部電源コネクタとして6ピン1基を備える。

kn_sap_03.jpgkn_sap_04.jpg SAPPHIRE VAPOR-X HD6750 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP OC VERSION(写真=左)と、SAPPHIRE HD6750 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP(写真=右)

関連キーワード

Radeon | グラフィックスカード | アスク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう