ニュース
» 2011年05月20日 17時48分 UPDATE

超横長〜なディスプレイとか、ウイルス感染を“におい”で通知とかも:2年後の「FMV LIFEBOOK」はこうなる、ようだ──富士通デザインアワード2011受賞作品決まる (1/2)

富士通が開催した「FUJITSU デザインアワード2011」受賞作品が決定。「2013年のFMV LIFEBOOK」になるかもしれないコンセプトデザインや利用シーンが示された。

[岩城俊介,ITmedia]

超ロングなPC+スマホ融合マシン、ウイルス感染を“におい”で告知 など

 富士通と富士通デザインは5月20日、ワールドワイド公募したデザイン競技会「FUJITSU デザインアワード2011」の受賞作品を決定。都内会場で受賞式を行った。

photo FUJITSU デザインアワード2011受賞者と審査員 中央がグランプリのEgle Ugintaite氏。賞金3万ユーロ(日本円換算で約350万円 2011年5月20日現在)が送られた

 FUJITSU デザインアワード2011は、同社のブランドスローガン“shaping tomorrow with you”に基づき、ユーザーの「こういう製品がほしい」の要望を具現化する取り組みの一環として展開するもの。今回は、

  • “2013年”の富士通ノートPCのプロダクトデザイン(LIFEBOOK部門)
  • “2020年”の新しい生活スタイルのデザイン(LIFE-DESIGN部門)

 の2部門を募り、約100カ国3354人/1076の作品が集まった。

 LIFEBOOK部門は、2013年──とごく近い将来のノートPCがどうなるかを示すもの。パーソナルからソーシャルに移っていくシーンを想定しつつ、PC、携帯電話/スマートフォン、タブレットなどをスマートに融合したプロダクトが多く集まったという。

 同部門では、準グランプリの「Crowd」(Philipp Schaake氏/ドイツ)、グエナエル・ニコラ賞の「Frame Series」(Florian Langer氏、Patrick Decker氏/ドイツ)、ロス・ラブグローブ賞の「Anderson」(Ma Yiwei氏、Tao Ying氏/香港)、マ・ヤンソン賞の「The Haunted Mountain」(Lou Xiaoyu氏/フランス)、加藤公敬(富士通デザイン社長)賞の「ecoPad」(Eun-ha Seo氏、Jun-se Kim氏、Yonggu Do氏/韓国)の5作品が受賞した。

photophotophoto 準グランプリの「Crowd」(LIFEBOOK部門)。2年後の富士通製ノートPC「LIFEBOOK」シリーズをというテーマでデザインされた

 準グランプリのCrowdは、10.1型クラスの小型ボディに、ノート/セパレート/スレートなど利用シーンや仕様アプリケーションに応じて、個別に変形させつつ用途を切り替えられる仕組みとともに、それにともなうユーザーインタフェース(UI)の工夫を具体的に意識して訴求する。「次世代のLIFEBOOKが考えるべき、魅力的な方向性を示している」(富士通デザインの加藤社長)。

 このほか審査員特別賞作品では、Frame SeriesとThe Haunted Mountainがほどよく具体的で面白い。Frame Seriesはそれぞれ個別に機能するディスプレイや(キーボード付きの)PC機能、スマートフォンを特定の横長フレームに装着することで1つに融合した機器としても利用できる。The Haunted Mountainは、接続したプロジェクターの映像やインストールしたアプリケーションなど、PCに追加する機能に応じて“動き”や“香り”を発生させる仕組みを取り入れた。どんなにおいなのかは各自想像してほしいが「ウイルス感染→悪臭を発生させて警告」といったこともアリだという。

photophotophoto かなーり横長いディスプレイを備える「Frame Series」は各部品が分離/融合する仕掛けを施す(写真=左、中央)。PCの動作や機能を動きや香りでも演出する「The Haunted Mountain」(写真=右)
photophoto 利用シーンに合わせられる変形スタイルの「Anderson」。2005年開催のWPC EXPO 2005にも似たコンセプトのものが出展されていたのを思い出した(写真=左) 「ecoPad」は、キーのタイピングで発電する“発電”機能付きタブレットだ(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう