ニュース
» 2011年08月17日 17時59分 UPDATE

クォーレスト、Androidも利用できる“デュアルOS”搭載タブレットPC「ViewPad10pro」

クォーレストは、ViewSonic製となるWindows/Androidデュアルブート対応の10.1型ワイド液晶内蔵タブレットPC「ViewSonic ViewPad10pro」を発表した。

[ITmedia]

 クォーレストは8月17日、ViewSonic製となるWindows/Androidデュアルブート対応の10.1型ワイド液晶内蔵タブレットPC「ViewSonic ViewPad10pro」の取り扱いを発表、9月より販売を開始する。同社直販価格はWindows 7 Home Premium/16GバイトSSD搭載モデルが7万3815円、同 Professional/32GバイトSSD搭載モデルが8万5365円(双方税込み)。

photophoto ViewPad10pro

  ViewPad10proは、1024×600ドット表示をサポートしたマルチタッチ対応10.1型ワイド液晶ディスプレイを内蔵するタブレット型PCで、OSとしてWindows 7(Home PremiumモデルとProfessionalモデルを用意)32ビット英語版およびAndroid 2.2を標準装備しているのが特徴だ。またWindows上でAndroidアプリをシームレスに利用できる仮想化ソフト「BlueStacks for Windows」も利用可能となっている。

 CPUはAtom Z670(1.5GHz)を搭載、メモリはDDR3 2Gバイト、ストレージは16Gバイト/32GバイトSSDを内蔵する。ほかIEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、130万画素Webカメラ、加速度センサー/照度センサー、mini HDMI出力なども備えた。バッテリー稼働時間は約8時間。本体サイズは263(幅)×170(奥行き)×14.8(高さ)ミリ、重量は約800グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう