ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デュアルブート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デュアルブート」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Windows 10 The Latest:
「WSL 2」へのバージョンアップでLinux互換環境はどう変わるのか?
2020年春に提供予定の機能アップデート「20H1」のプレビュー版に、WSLを強化した「WSL 2」が実装された。早速、WSL 2でどのような変更があるのか、Linuxとの互換性は向上しているのかなどを簡単に検証してみた。(2019/6/28)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「Mac mini」の“小型パソコン”を大きく超えた可能性に迫る
4年ぶりに新モデルが登場した「Mac mini」。実機を試用してみると、最新のMacを気軽に入手できるエントリー機としての役割を超え、「Pro」と付いてもおかしくないほどの実力を備えていた。(2018/11/6)

IFA 2018:
これが世界の最新ガジェット! IFAに集まったスタートアップの面白デバイスまとめ
「IFA 2018」の併催イベントとして2017年に始まった「IFA NEXT」は、スマート家電やIoT、ロボティクスなど、さまざまな“ものづくり系”スタートアップが世界中から集まる場所だ。会場で見つけたユニークなガジェットたちを紹介しよう。(2018/9/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
5G時代のPCはArmプロセッサが当たり前になる? 大胆なロードマップ発表が示すもの
PC市場への攻勢を強めつつあるArmがクライアント向けCPUロードマップを発表。2020年までの間、年率15%のパフォーマンス向上を目指し、今後5年でWindowsノートPCの市場シェアを大きく奪おうとしている。(2018/8/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ChromebookでWindows 10を動かす「Campfire」 Googleが開発中か
GoogleのChrome OSが、macOSのようなOSデュアルブート環境に対応するのではないか、とのウワサが話題になっている。近い将来、ChromebookでWindows 10を利用可能になるというのだ。(2018/8/20)

Webブラウザをコンピュータに(後編)
WindowsをChrome OS系OSでリプレースするための現実解
Webブラウザベースアプリの増加はChrome OS系OSにとって追い風だが、Windowsネイティブアプリの存在がWindowsからの移行を阻害している。だが、その問題にも解決策はある。(2018/5/24)

中古PC活用:
Windows PCにLinuxをインストールして再利用する
中古PC活用の第3弾では、本命ともいえるLinuxをインストールする。ただ、Linuxにはさまざまなディストリビューションがあり、ユーザーインタフェース(UI)などが異なっている。そこで、今回はWindowsユーザーが比較的容易に移行できそうなWindows風UIを持つLinuxを取り上げる。(2017/10/13)

変わるWindows、変わる情シス:
第19回 ココが知りたい! 5分で分かる「Windows 10」運用のポイント
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はWindows 10の運用にあたって押さえるべきポイントをまとめた。(2017/3/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
Intel新世代CPUの売れ行きや評判は? アキバ自作街の反応
Intelの新世代CPU「Kaby Lake-S」と、対応するZ270/H270/B250マザーが一斉に登場。それを受けて、アキバでは“Windows 7の終わり”を予見する声をよく耳にした。(2017/1/10)

なんと、Windows/Androidのデュアルブート仕様:
重量200グラムの超ミニPC「GOLE1」、ヴェルテが販売──1万3800円から
ヴェルテは、ポケットサイズのミニPC「GOLE1」の取り扱いを始めた。完全予約販売で、価格は1万8800円から。出荷開始は2016年11月を予定する。(2016/9/12)

中古PC活用:
Windows PCにRemix OS(Android OS)をインストールして再利用する
Windows PCにRemix OS(x86向けのAndroid OS)をインストールしてみよう。少ないメモリやディスク容量でもインストールできるので、少々古いPCでも利用できる。Remix OSを使って古いPCを再生しよう。(2016/8/31)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
「Atom」開発中止、デスクトップアプリも動く「Windows 10スマホ」の夢は消えるのか?
Intelのモバイル向けプロセッサ「Atom」が開発中止になると報じられた。多数のWindowsタブレットに採用されてきただけに、その影響は大きい。そして「フル機能のWindows 10搭載スマホ」の夢は消えるのだろうか。(2016/6/29)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第23回 非Linux環境のDocker、プレステも採用する“あのOS”で動かす意味
実はLinuxではないOS環境でもDockerは動きます。でもWindowsではありません。今回はプレステにも搭載され、これからのIoT時代に主役になるかもしれない、あのOSでDockerを動かす理由を紹介します。(2016/6/1)

並外れた運用と、けた外れの台数:
東大が1341台のMacを使う理由
東京大学は学内の教育用計算システムを刷新し、新しいiMacを計1341台導入した。その理由を取材した。(2016/4/27)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
有線Continuumやタブレットの登場など、存在感が高まるWindows 10 Mobile
「CES 2016」で大きな存在感を示したWindows 10 Mobileデバイス。国内では初のContinuum対応機として「NuAns NEO」が発売された。新たな可能性としてタブレット端末の展開も見えてきた。(2016/2/3)

「OS X」「Windows 10」のデュアルブート方法を解説
決められない人のための「Mac」で「Windows 10」を使う賢い方法
端末は「Mac」を使いたいが、仕事で必要なのはもっぱらWindowsアプリ。でも2台持ちはしたくない――。そんなビジネスパーソンの悩みを解消するのが「デュアルブート」だ。(2015/11/6)

手順を解説:
「Boot Camp 6」でMacにWindows 10を入れてみた――インストール編
Windows 10に対応した「Boot Camp 6」で、MacBook Pro RetinaにWindows 10を入れてみた。まずはインストール手順を紹介する。(2015/8/18)

Tech TIPS:
Windows 10を仮想ディスク(VHD/VHDX)にインストールして試用する
新しいWindows OSがリリースされたからといって、すぐにアップグレードインストールするのはリスクが高い。不具合があった場合に元に戻すのが困難だからだ。こんな場合は仮想ディスクファイルを使った新規追加インストールを試してみよう。既存の環境を残したまま、新しいOSを検証することができる。(2015/7/10)

デュアルブート対応で2万円切り:
B&Sパートナーズ、Windows 8.1とAndroid 4.4を両方搭載した7型タブレット「ΛzICHI AWOS-0701」
Windows 8.1 with BingとAndroid 4.4、2つのOSを搭載したタブレット。OSをシャットダウンすることで、起動するOSを切り替えられる。(2015/5/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
USB 3.1普及の過程で見えてきた“排他問題”
ASUSTeKから3製品追加され、ますます盛り上がるUSB 3.1対応マザーだが、他の端子との排他利用でUSB 3.1を使う仕様のモデルが多いことに注意を促すショップもある。(2015/5/25)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1:
「ポストWindows XP」時代の到来で考えるこれからのPC戦略
Windows XP最後のパッチとWindows 8.1 Updateの同時リリースは、実はこれからのWindowsにおいて非常に重要な意味を持っている。XP無き後の世界で企業はどう臨むべきなのか――。(2014/4/17)

Mobile World Congress 2014:
スマホ/タブレットにも64ビットの波、IntelがMerrifield&Moorefield発表――下り300MbpsのLTE Advancedチップも
米Intelは、Mobile World Congress 2014に先立ち、新製品に関する記者説明会を開催。新Atomプロセッサーや下り300MpbsのLTE Advanced Cat 6に対応した新モデムチップなどを発表した。(2014/2/26)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
2014年のPC業界はどこへどのように進むのか
2014年のPC業界はどこへどのように進むのか。International CESで示された発表内容や展示をもとに、そのトレンドを俯瞰(ふかん)してみよう。(2014/2/13)

2014 International CES:
デュアルOS×2で“4コイチ”ノートPC!?――「ASUS Transformer Book Duet TD300」を見てきた
米国ラスベガスで開催中のInternational CESで、ASUSが“4-in-1”ノートPC「ASUS Transformer Book Duet TD300」を発表。4-in-1……つまり、どういうことなの?(2014/1/9)

2014 International CES:
SDサイズの極小PC「Edison」詳報と戦略──ウェアラブル分野の推進で“新生インテル”をアピール
インテルのブライアン・クルザニッチCEOが2014 International CESの基調講演に登壇。ウエアラブル分野のさらなる推進により、“新生インテル”として業界をリードしていく姿勢を改めてアピールした。(2014/1/8)

クラウドファンディングで端末開発中:
Androidとのデュアルブートに対応した「Ubuntu Edge」695ドルに値下げを発表
Canonicalがクラウドファンディングで開発を進めるUbuntuケータイが提供価格を値下げ。さらなる資本獲得を目指す。(2013/8/9)

代表的ツールを紹介
組み込みOSをさまざまなハードで実行、エミュレーションツールとは?
デスクトップ仮想化の主な使い方の1つは、1台のマシンで複数のOSを実行することだ。だが、組み込みOSの場合、サポートされていないハードウェアで実行するにはハードウェアエミュレーションツールが必要になる。(2013/4/12)

実践しながら学ぶ Android USBガジェットの仕組み(9):
世界初!? AndroidエミュレータでUSB接続環境を構築する!
あれから数カ月……。われわれは苦心の末、ようやくホストPCとUSB接続できる「AndroidエミュレータUSB接続環境」を完成させた。今回は、環境構築の詳しい手順と利用方法を紹介する。(2013/1/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバの深夜販売で垣間見た「Windows 8」の魅力と浸透度
大いに盛り上がった「Windows 8」の深夜販売。Windows 7以上のお祭り騒ぎの中、各ショップの特価品以上に、8 Proの「秋葉原リミテッドエディション」が熱狂の中心にあった。(2012/10/26)

Tech TIPS:
既存のディスク・ボリュームを小さくして新しいOSをインストールする
現在のシステムに新しいWindows OSを追加インストールするには、VHDブートする方法と、新しいパーティションを用意してインストールする方法がある。 / VHDブートでは利用できるOSが限られるし、いくらか機能制限がある。 / 既存のパーティションの末尾を解放して空き領域を用意すると、そこに新OSをインストールできる。(2012/10/12)

ストーム、3万円台からのLiux導入BTOデスクトップ
ストームシステムテクノロジーは、高さ約295ミリのコンパクトタワー筐体を採用したLinux採用デスクトップPC「Storm Linux Box Cube LS」を発売した。(2012/9/24)

古田雄介のアキバPickUp!:
HDD切り替え機能つきのPCケース「Silencio 650」が登場
今からマシンを組むなら、Windows 8のことは無視できない。そんな現状で、Windows 8導入後にWindows 7も便利に使えるアイテムが注目を集めていた。(2012/9/10)

ストーム、Linux搭載で3万円を切るキューブ型デスクトップ「Linux Box Cube LS」
ストームシステムテクノロジーは、OSとしてLinuxを標準搭載したBTO対応のキューブ型デスクトップPC「Storm Linux Box Cube LS」の販売を開始した。(2012/6/7)

Intel、学生向け7インチタブレットをローンチ
Intelは新たな7インチ学習用タブレット「Intel studybook」を発表した。AndroidとWindows 7のデュアルブートが可能なこのタブレットは教育市場に食い込むことができるだろうか。(2012/4/17)

導入事例:
1321台のiMacをブートキャンプ、東大が構築した新「教育用計算機システム」
東京大学情報基盤センターが4年ぶりに教育用計算機システムを刷新。Mac/Winのデュアルブート環境やストレージデータの複製による災害対策を導入した。(2012/3/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
「いまでも需要はあるのです」――AGP対応グラフィックスカードなど“枯れた新製品”の魅力
X79マザーや独自の仕様を備えたグラフィックスカードなど、トレンド真っ最中の新製品もいいが、コストと実力のバランスをみるなら、レガシー規格に準拠する“枯れた新製品”も魅力的だ。(2011/12/19)

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8(まだ仮称)」:
Windows 8 Developer Previewの直インストと「Windows To Go」の注意点
仮想環境へのインストールは、“安全”だがフル機能のテストができない。そこで利用したいのが新機能の「Windows To Go」だ。ホント、利用したいのだがねええ!(2011/11/25)

分離・合体キーボードを標準搭載:
10.1型のビジネスタブレット「KOUZIRO FT102」検証──WindowsかAndroidを選択可能
タブレットは、個人利用以外にビジネスシーンへも浸透していく兆しがある。KOUZIROの「FT102」シリーズは、WindowsもAndroidも、タッチもキーボードも使える2Wayスタイルを特徴とするビジネス向けタブレットだ。(2011/10/20)

Mac OS Xのアップデートでトラブル相次ぐ
OS X Lionのアップデートを適用後、MacBookが起動できなくなったなどの報告が一部のユーザーから寄せられている。(2011/10/14)

クォーレスト、Androidも利用できる“デュアルOS”搭載タブレットPC「ViewPad10pro」
クォーレストは、ViewSonic製となるWindows/Androidデュアルブート対応の10.1型ワイド液晶内蔵タブレットPC「ViewSonic ViewPad10pro」を発表した。(2011/8/17)

Windows機としての実力は?:
“Sandy Bridge”な「MacBook Air」を新旧比較(後編)
新型「MacBook Air」レビューの後編では、Windowsをインストールして各種ベンチマークテストを実施する。バッテリー動作時間の実測や新型「VAIO Z」との比較も。(2011/7/27)

Androidタブレット「ViewPad」発表 デュアルブートモデルも
ViewSonicが米国で発売する「ViewPad」は、7インチと10インチの2機種。うち1つはWindows 7とAndroid 1.6のデュアルブートだ。(2010/11/2)

せかにゅ:
東芝やSamsungのタブレット、「触ってみた」動画がWebに
東芝、Samsungなどが続々とAndroidタブレットを発表している。実機に触れてみた様子を収めた動画が、早速Webに投稿されている。(2010/9/3)

せかにゅ:
iPhone 4のSIMロック解除ツール、ハッカーチームが公開
iPhone 4を所定の携帯キャリア以外のネットワークで使えるようにするロック解除ツールを、有名なiPhoneハッカーチームがリリースした。(2010/8/6)

Windows Server 2008 R2によるVDI実践入門:
第1回 デスクトップの仮想化とVDIの違いを知っていますか?
注目を集めながら、意外と分かりにくいVDI。従来の仮想化技術のメリット/デメリットと比べながら、VDIの概念や動作原理を解説する。(2010/6/24)

せかにゅ:
iPhoneでAndroidを動かす――ハッカーが改造に成功
Jailbreakに成功してきたハッカーグループのメンバーが、iPhone上でAndroidを走らせる方法を発見した。(2010/4/23)

2010 International CES:
“増殖”するAndroid
開幕前に登場したGoogleの「Nexus One」を始め、International CESの会場には多くのAndroid OS搭載端末が姿を見せている。(2010/1/11)

アップル、「Boot Camp」の対応OSにWindows 7を追加すると発表――2009年中予定
米Appleは、Mac用デュアルブート機能「Boot Camp」の対応OSにWindows 7を追加すると発表した。(2009/10/23)

Windows Server 2008 R2の真価:
第4回 Windows Server 2008 R2の目玉機能「Hyper-V 2.0テクノロジ」とは
ライブ・マイグレーションのサポートやパフォーマンスの向上など、着実に進化したHyper-V 2.0。その強化ポイントなどを整理する。(2009/10/22)

Acer、Android搭載のスマートフォンとNetbookを発表
Android搭載NetbookはWindows 7とのデュアルブートで、リブートしなくてもOSを切り替えられる。(2009/10/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。