連載
» 2020年06月30日 17時00分 公開

本田雅一のクロスオーバーデジタル:「Apple Silicon」はMacをどう変えるのか Windowsから離れiPhone・iPad互換が強みに (1/4)

「Apple Silicon」によってMacが、そしてAppleが「得る価値」と「失う価値」は何か。WWDC20の発表と技術セッションの内容から、年末には登場するというApple Siliconとそれを搭載するMacについて考える。

[本田雅一,ITmedia]

 今年はオンラインで開催されたAppleの開発者会議「WWDC20」。iOSのアップデートもかなり大掛かりなものではあるが、同社で最も歴史ある製品の「Mac」がCPUアーキテクチャを変更する話題が、最もエキサイティングで興味のあるところだろう。

 WWDCではIntel向けに開発されたMac用アプリを自社開発プロセッサ「Apple Silicon」に移植する際の情報など、幾つかのセッションが用意されていたが、そこから見えるのは、どうやら「今回は移行に関する問題が少なそうだ」ということだ。さらに各セッションでは「Apple Siliconにするとこんなよいことがある」という情報が、少しずつではあるがちりばめられていた。

Apple Silicon Macのプロセッサは今後2年をかけてIntel製からApple自社開発の「Apple Silicon」に切り替わっていく

 そんなWWDCの情報をまとめながら、年末には登場するというApple Siliconとそれを搭載するMacに関して思いをはせてみることにしよう。

Apple Silicon MacはIntel Macの上位互換になる?

 視点にもよるので「それは違う」という意見も出てくることは承知の上で書くが、Apple Silicon搭載Macは機能的にIntel CPU搭載Macの上位互換となるようだ。

 もちろん、Arm系命令を採用するApple SiliconではIntel x86系命令は実行できないため、これまでのIntel CPU搭載Macと同じようにx86の仮想マシンを動かしてその上で(x64版・x86版の)Windowsを使ったり、Boot CampでWindowsを直接起動したりすることはできない。

 Apple Siliconそのものは仮想化には対応し、その上で多様なOSを動かすことも可能だ。しかし、x86命令を実行できないのだから、一般販売されている(x64版・x86版の)Windowsが動かないのは致し方ないところだろう。いずれ、現在は市販されていないArm版のWindowsが仮想化ソフト上で動作するようになることを期待したい。

Apple Silicon WWDC20の基調講演では、Apple Silicon搭載Macを用いて「Parallels Desktop」による仮想環境でLinuxを動かすデモが行われた。一方で、Windows OSを動かすデモやそれについての言及はなかった

 しかし、これをもって「後退」と考えるのは早計だろう。そもそも、Macにx86命令が使えるIntel CPUを採用することで仮想化技術やBoot CampでWindowsを動かすというのは、プラスアルファのおまけであって本質的な部分ではない。一方で独自設計のApple Siliconに移行することによって、(性能面だけではなく)機能面でも、Intel CPU搭載Macよりも前進できる部分はあるからだ。

 その一つはセキュリティだ。現在のMacはセキュアな起動のため、Appleの「T2」チップの支配下でIntelアーキテクチャが動くような構造になっているが、Apple Silicon搭載MacではiPhoneやiPadと同じく、メインのSoC(System on a Chip)そのものにセキュアなブートプロセスが組み込まれる。

Apple Silicon Intel CPU搭載Macのアーキテクチャ。Appleの「T2」チップの支配下でIntelアーキテクチャが動くような構造だ(画像はAppleの解説動画「Explore the new system architecture of Apple Silicon Macs」より)
Apple Silicon Apple Siliconの構成要素。SoCに「Secure Enclave」と呼ばれるセキュリティアーキテクチャも組み込まれる

 「Macとしての機能」については、Apple Silicon搭載MacはIntel CPU搭載Macの上位互換とも言うべき形になるのだ。Intel CPU搭載Macにある機能は、x86命令に依存する部分以外は全てApple Silicon搭載Macにも備わるが、その逆はない。そしてそれは、パソコンとしての基本的な機能だけでなく、その上で動作するアプリにとっても「上位」になる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう