ニュース
» 2011年09月15日 14時57分 UPDATE

2011年PC秋冬モデル:高性能スタンダードモデルに新CPUを追加――「HP Pavilion dv7-6100/dv6-6100」

スタンダードノートPC「HP Pavilion dv」シリーズは、BTOの選択肢に新CPUを追加しただけのマイナーバージョンアップにとどまる。

[ITmedia]

高性能スタンダードノートPCに最新CPUを追加

 「HP Pavilion dv」シリーズはSandy Bridge世代の基本システムを採用するスタンダードノートPCだ。ラインアップは、17.3型ワイド液晶を搭載する「HP Pavilion dv7-6100」と、15.6型ワイド液晶モデル「HP Pavilion dv6-6100」の2機種。いずれも高い基本性能を備えながら、前者が5万円台、後者が4万円台から購入できるコストパフォーマンスの高さがウリだ。

 2011年秋冬モデルの強化点は、CPUのBTOオプションにCore i7-2670QM/Core i5-2430M/Core i3-2330Mが加わっただけの小幅な変更で、そのほかの特徴や機能は従来モデルを継承している(関連レビュー:抜群のコストパフォーマンスを誇る大画面Sandy Bridgeノート――「HP Pavilion dv7-6000/CT」速くて安い“Sandy Bridge”ノート――「HP Pavilion dv6-6000 プレミアムライン」を試す)。OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)と64ビット版Windows 7 Professional (SP1)を選択できる。

og_dv_001.jpgog_dv_002.jpg ボディカラーは、HP Pavilion dv7-6100がダークアンバー(写真=左)、HP Pavilion dv6-6100はダークアンバーとエスプレッソブラックの2色展開(写真=右)

 発売日と価格は以下の通り。

日本HP秋冬モデルの価格と発売日
シリーズ名 モデル名 タイプ 販売チャンネル 最小構成価格 発売日
HP Pavilion dv7 dv7-6100 2スピンドル HP Directplus 5万6700円〜 9月15日
HP Pavilion dv6 dv6-6100 2スピンドル HP Directplus 4万6830円〜 9月15日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう