ニュース
» 2011年10月04日 19時37分 UPDATE

センチュリー、USB DAC+ヘッドフォンアンプ機能を備えたデジタルアンプ

センチュリーはデジタルアンプ「TP32」の取り扱いを開始した。低価格ながらUSB DAC、ヘッドフォンアンプ、デジタルアンプの3機能がすべて使えるのが特徴だ。

[池田憲弘,ITmedia]
photo TP32

 センチュリーは10月4日、Topping製のデジタルアンプ「TP32」を同社直販サイト「白箱.com」で発売した。直販価格は14800円(税込み)。

 この製品はUSB接続のDACとヘッドフォンアンプ機能を備えたデジタルアンプだ。DAC部のICはバーブラウン製の「PCM2704」で、サンプリングレートは48kHz/16ビットまでサポート、ダイナミックレンジは99デシベルとなる。ヘッドフォンアンプのオペアンプにはバーブラウン製の「OPA2134」を搭載した。

 デジタルアンプのICチップにはTripath製の「TA2024B」を採用し、出力は15ワット×2(4オーム時)、10ワット×2(8オーム時)で適応インピーダンスは4〜8オーム、ダイナミックレンジは99デシベルとなっている。入力端子はUSBとRCAステレオ入力(金メッキ処理)が1系統ずつで、出力端子はバナナプラグ対応のスピーカー出力(金メッキ処理)を2系統備える。

 カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色を用意する。本体サイズは113(幅)×183(奥行き)×43(高さ)ミリで重量は約700グラム。リモコン、ACアダプター、ACケーブル、USBケーブルが付属する。

photophotophoto TP32の正面。電源オン時には電源ボタンはスピーカー出力、ヘッドフォン出力、スピーカー/ヘッドフォン両出力の切り替えボタンになる(写真=左)。背面にはUSB入力、RCA入力、スピーカー出力を備える(写真=中央)。リモコンが付属する(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.