連載
» 2011年12月28日 11時16分 UPDATE

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8(まだ仮称)」:Windows 8でも使いたい「ショートカット」一覧 (1/2)

Windows 8 Developer Previewの「Metroスタイル」はタッチ操作がメイン。しかし、「キーボードショートカット」が使えれば操作効率は一気に上がる!

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

OSはショートカットが使えてなんぼじゃ!

 タッチスクリーンを前提にした「Windows 8 Developer Preview」(Windows 8 DP)では、マウス操作だけでは面倒になりがちな操作もが多々見受けられる。

 例えば、Windows 8 DPで重要なメニューとなる「Charm」を画面に出す場合、マウス操作ではマウスカーソルを画面左端まで持っていき、そこで出現するメニューから該当する項目を選び、さらに、画面右から出現するCharmの各機能別メニューを呼び出す必要がある。大画面のデバイスでは、マウスカーソルの移動量も多く不便だ。タッチパネルの場合、画面左端から指をなぞるとCharmの基本メニューが出現し、さらに該当項目をタップするとその右側にメニューが出現するので素早く操作できる。実際に経験すると操作の快適さは大きく異なる。

 ところが、キーボードショートカットを組み合わせると、Charmの機能別メニューをワンアクションで呼び出せる。Windows 8 DPでも、ショートカットが作業スピードが大幅にアップしてくれるようだ。

 ここでは、Windows 8 DPで確認できたキーボードショートカットから、使う機会が多い組み合わせをまとめてみた。

「Windows」+「C」

 すべての場面において、このショートカットでCharmメニューを呼び出す。ここで出現したCharmメニューから各項目(Settings、Devices、Share、Search)を選択すると、選んだメニューに分岐する。

 ただし、Charmメニューの出現場所は「画面の左下」なのに、各機能メニューは「画面の右側」に出現するため、マウスカーソルでは移動量が多い。Charmの項目選択は「カーソル」キーと「Enter」キーの組み合わせでも行えるため、このショートカットを使った場合はそのままキーボードでメニュー選択操作も行うといい。

kn_win8sckb_01.jpg マウスで「Charm」メニューを呼び出すと画面の左右に分かれて関連メニューが表示される

「Windows」+「I」、「Windows」+「H」、「Windows」+「K」

 Charmメニューから呼び出す各機能メニューは、Charmメニューを呼び出さなくともショートカットを使って起動できる。「Windows」+「I」なら「Settings」、「Windows」+「H」なら「Share」を、それぞれ起動する。

 MSDNのTIPSによれば、「Windows」+「K」で「Connections」というCharmメニューが呼び出し可能となっているが、評価している環境では、Connectionsと表示されるCharmメニューは表示されず、このショートカットを使ってもなんら変化が起きないため、現時点で効果が不明だ。

kn_win8sckb_02.jpg 通常であれば「Charm」メニューから選択して開く機能メニューも、ショートカットで直接起動できる

「Windows」+「Q」、「Windows」+「F」、「Windows」+「W」

 Charmメニューから呼び出せる「Search」メニューについては、「Applications」「Files」「Settings」の3つの項目で検索が行えるが、こちらもそれぞれでショートカットを用意している。「Windows」+「Q」で「Applications」(メニューを呼び出したアプリによって異なる場合もある)、「Windows」+「F」で「Files」、「Windows」+「W」で「Settings」の検索画面が起動する。

 ただ、Windows 8 DPでは、スタート画面からキーボード入力を行うと、そのまま検索メニューに移行してアプリを検索するため、Windows + Qの蛇足という感もある。アプリを少ないアクションで起動したいなら、スタート画面では「アプリ名を直接入力」し、それ以外の場面では「Windows」キーを押してスタート画面に移動してからアプリの名前をタイプすればいい。

kn_win8sckb_03.jpg 検索メニューもショートカットで呼び出し可能だ

「Windows」+「R」

 このショートカットを入力すると、強制的にデスクトップ画面へと移動し、「アプリケーションの実行」(Run Applications)ダイアログを表示する。あとはアプリケーションの名前(ファイル名)を入力して「Enter」を押すだけだ。従来のWindowsと共通の操作だ。

kn_win8sckb_04.jpg 「Windows」+「R」で「アプリケーションの実行」メニューを開く。これは従来のWindowsと同じだ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.