ニュース
» 2012年01月23日 13時00分 UPDATE

2012年PC春モデル:REGZA連携、スリムSSDノートなど、主力4シリーズを一新──東芝「dynabook」の春商戦向け新モデル (1/2)

東芝が2012年春商戦向けのdynabookシリーズ新モデルを発表。REGZA連携のテレビチューナー搭載モデルや13.3型モバイルノートPCの基本性能を高めた。【春モデル情報追加】

[ITmedia]

dynabookシリーズの特徴

ラインアップ

ハードウェア

ソフトウェア

  • dynabook REGZA PC D711」「dynabook Qosmio T751」「dynabook R731」にレグザリンク・シェア機能
  • オフィススイートは全モデルで「Office Home and Business 2010 SP1」に
  • ノートモデルに、「東芝高速スタート」「東芝ピークシフトコントロール」


REGZA連携の液晶一体型とノートモデル、SSD搭載モバイルノートモデルをリニューアル

 東芝は1月23日、dynabookシリーズの2012年PC春モデルを発表。2012年1月27日より順次発売する。

 ラインアップは21.5型サイズの液晶一体型モデル「dynabook REGZA PC D711」、15.6型サイズのテレビチューナー搭載AVノートPC「dynabook Qosmio T751」と「dynabook Qosmio T551」、13.3型サイズの軽量モバイルノートPC「dynabook R731」の4シリーズ14モデル。いずれも前回2011年PC秋冬モデルよりデザインや基本システムを継承し、一部CPUやメモリ・ストレージ容量、プリインストールソフトウェアなど基本性能が高められた。

省電力LED液晶を採用、21.5型の液晶一体型「dynabook REGZA PC D711」

photo dynabook REGZA PC D711

 「dynabook REGZA PC D711」は、東芝製テレビ「REGZA」シリーズに通じるデザインとAV連携機能を備える、AV+PCの機能を融合した液晶一体型のスタンダードモデルだ。

 23型ワイドの液晶ディスプレイを備えるD731に対し、このD711は21.5型ワイドの液晶ディスプレイのひとまわり小さいボディを採用する。スタンダードなPC+テレビ機能と価格帯で家庭内プライベートルームへの導入に向く。

 ラインアップはCeleron B815、4Gバイトメモリ、750GバイトHDD、地デジチューナー×1を搭載する「D711/T3E」の1モデル。ディスプレイをLEDバックライト搭載液晶に刷新し、前モデル比35%の省電力化を実現する。


新感覚のメタリックボディ+3波チューナー「dynabook Qosmio T751」

photo dynabook Qosmio T751(シャイニーオーシャン)

 テレビチューナーを内蔵するハイスペック志向のAVノートPCが「dynabook Qosmio T751」だ。15.6型のボディに3波(地デジ、BSデジ、110度CS)対応のチューナーを2基内蔵し、クアッドコアのCore i7-2670QMや8Gバイトのメインメモリ、1TバイトのHDDなど高性能志向なPCシステムを採用する。

 また、今回の春モデルはメタリック質感の新ボディカラー「シャイニーオーシャン」と「オーロラホワイト」を用意する。ナノ積層技術を応用したフィルム“PICASUS”(東レ開発)を採用し、金属を用いずに金属調のキラキラ感を演出する。


15.6型のスタンダード地デジノート「dynabook Qosmio T551」

photo dynabook T551(ベルベッティホワイト)

 15.6型サイズの「dynabook Qosmio T551」は、スタンダードなPC性能と地デジチューナーを内蔵するAVノートPCのスタンダードモデルだ。

 主な仕様はCeleron B815、4Gバイトのメインメモリ、640GバイトのHDD、BDXL対応Blu-ray Discドライブ、地デジチューナー×1など。プリインストールソフトにOffice Home and Business 2010 SP1に加え、写真編集 Adobe Photoshop Elements 9と動画編集 Adobe Premire Elements 9を用意する。


新液晶でより軽量化、13時間バッテリー+SSD搭載の薄型軽量モバイル「dynabook R731」

photo dynabook R731(シャンパンゴールド)

 13.3型サイズの薄型軽量モバイルノートPC「dynabook R731」は、新たに軽量・高輝度のLED液晶を採用し、より「軽さ」を追求したモデルに進化した。

 ラインアップはビジネスシーン向けのvPro構成+Windows 7 Professional(32ビット/64ビット版セレクタブル)仕様の「R731/39E」、Core i5-2520M+8Gバイトメモリ+128GバイトSSDの「R731/38E」、Core i5-2520M+4Gバイトメモリ+640GバイトHDDの「R731/37E」、Core i5-2450M+4Gバイトメモリの「R731/36E」の4モデル。下位のR731/36Eを除く全モデルに従来モデル比で120グラム軽量化した軽量・高輝度のLED液晶を採用し、SSD搭載モデルは重量約1.29キロとより軽量になった。

 このほか、最大13時間のバッテリー動作、128GバイトのSSD(R731/39E、R731/38E)、1366×768ドットの13.3型ワイド液晶ディスプレイ、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(R731/39Eは802.11a/b/g/n)、DVDスーパーマルチドライブといった基本システム、高速起動の「東芝高速スタート」、自動省電力設定「東芝ピークシフトコントロール」など前モデルより継承する。

(追加)薄型電子ブックリーダー「BookPlace DB50」

photo BookPlace DB50

 7型サイズの電子ブックリーダー「BookPlace DB50」も2月中旬に投入する。実売価格は2万2000円前後、5000円相当(5000ポイント)の電子書籍購入ポイントが付属する。

 本体サイズは120(幅)×190(高さ)×11(厚さ)ミリ、重量は約330グラム。7型ワイド(1024×600ドット)で静電タッチパネル付きの液晶ディスプレイ、内蔵8Gバイトストレージ、microSDスロット、IEEE802.11b/g/nの無線LANなどを備える。バッテリー動作時間は約7.5時間(文字コンテンツを40秒に1回ページをめくり続けた場合)。


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう