ニュース
» 2012年03月01日 21時47分 UPDATE

ハイレゾ音源を楽しむ小型ブックシェルフ「S-CN301-LR」、パイオニアが発売

パイオニアは、ブックシェルフ型スピーカーシステム「S-CN301-LR」を3月下旬に発売する。

[ITmedia]
ts_paibook.jpg 「S-CN301-LR」

 パイオニアは3月1日、ブックシェルフ型スピーカーシステム「S-CN301-LR」を発表した。ハイレゾ音源を手軽に楽しむために開発されたコンパクトスピーカー。価格は3万7000円(2台1組)で、3月下旬に発売する予定だ。

 2センチドーム型ツィーターと10センチコーン型ウーファーを備えた2Way構成。ツィーターは、振動板の“サスペンション”といえるエッジ幅を調整し、40kHzまでの高域再生を可能にした。一方のウーファーには強度の高いグラスファイバー振動板を採用し、大きな振幅にも対応できるロングストローク設計で豊かな低音再生を実現したという。

 エンクロージャーはリアルウッド仕上げ。スピーカーターミナルには金メッキの真ちゅうを採用し、信号ロスを抑える直出しスタイルを採用した。スピーカー端子板を排除してキャビネット裏板に直接固定することで、振動による影響も低減する。

 サウンドチューニングは、パイオニアのフラグシップモデル「EXシリーズ」を手がけたチーフエンジニア、Andrew Jones氏が担当した。再生周波数帯域は45〜4万Hz。「指向性・位相特性にも配慮し、スムースなレスポンスと広い視聴エリアを実現した」(同社)という。

 外形寸法は、135(幅)×230(高さ)×220(奥行き)ミリ。重量は2.9キログラム(1本あたり)。インピーダンスは6オーム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう