ニュース
» 2012年03月14日 13時11分 UPDATE

東芝、“世界最高水準”の転送速度を実現したSDHCメモリカード

東芝は、UHS-I規格に対応した高速転送SDHCメモリカード「EXCERIA」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo EXCERIAシリーズ

 東芝は3月14日、高速転送対応SDHCメモリカード「EXCERIA」シリーズを発表、4月下旬以降に順次販売を開始する。

 EXCERIAは、高速インタフェース規格のUHS-Iに対応したSDHCカードで、UHSスピードクラス1およびSDスピードクラス10に対応した。

 製品ラインアップは転送速度別に3タイプを用意。上位モデルの「EXCERIA Type 1」はリード最大95Mバイト/秒・ライト最大90Mバイト/秒、中位モデルの「EXCERIA Type 2」はリード最大95Mバイト/秒・ライト最大60Mバイト/秒、下位モデルの「EXCERIA Type HD」はリード最大90Mバイト/秒・ライト最大30Mバイト/秒をそれぞれ実現した。EXCERIA Type 1/同 HDは8Gバイト/16Gバイト/32Gバイトの3製品、EXCERIA Type 2は16Gバイト/32Gバイト/64Gバイトの3製品を取り揃えている。

関連キーワード

SDHC | 東芝 | メモリカード | 転送速度


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.