ニュース
» 2012年04月11日 14時01分 UPDATE

アイ・オー、RAID-1対応のUSB 3.0外付けHDD

アイ・オー・データ機器は、RAID-0/1構成をサポートしたUSB 3.0接続対応の外付けHDD「HDS2-UT」シリーズを発売する。

[ITmedia]
photo HDS2-UTシリーズ

 アイ・オー・データ機器は4月11日、USB 3.0接続対応の外付けHDD「HDS2-UT」シリーズを発表、4月下旬に出荷を開始する。価格は2Tバイトモデルが3万3800円、4Tバイトモデルが4万4500円、6Tバイトモデルが6万3600円。

 HDS2-UTシリーズは、USB 3.0接続をサポートする外付け型のHDDで、計2基のHDDを内蔵しRAID-0/1構成をサポートした。

 RAID状態やリビルド状況などをチェックできる監視ソフト「RAID MONITOR」も利用でき、障害発生時のポップアップ/メール通知なども可能となっている。本体サイズは約90(幅)×135(奥行き)×176(高さ)ミリ、重量は約2.2キロ。


 またアイ・オー・データ機器は、SATA 6Gb/s接続対応の3.5インチ内蔵型HDD「HDI-SA」シリーズに2Tバイトモデルを追加、5月中旬に出荷を開始する。価格は2万2100円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう