ニュース
» 2012年04月13日 21時15分 UPDATE

加賀ハイテック、防水/防じんの堅牢Androidタブレット「Meopad AQUA」

加賀ハイテックは、防水機能を備えたAndroidタブレット「Meopad AQUA」を4月20日に発売する。同社の「Meopad ADVANCE」をベースに、基本性能も向上させた。

[池田憲弘,ITmedia]
photo Meopad AQUA

 加賀ハイテックは4月13日、同社のAndroidタブレット「Meopad ADVANCE」に防水、防じん、耐衝撃性能を付加した「Meopad AQUA」を発表した。発売日は2012年4月20日で、価格はオープン。想定実売価格は3万5800円(税込み)。

 Meopad AQUAは、著作権保護機能のCPRMに対応し、紀伊國屋書店の電子書籍サービス“BookWebPlus”を利用できる電子書籍アプリ「Kinoppy」をプリインストールするなど「Meopad ADVANCE」の主な特徴を引き継ぎつつ、防水/防じん機能(IP54相当)や1メートルの高さから合板への落下テストをクリアする耐衝撃性を備えたモデルだ。

 Meopad ADVANCEでは800×480ドットだった解像度は1024×600ドットに、ストレージは4Gバイトから8Gバイトに増量するなど、基本性能も向上した。ディスプレイは静電容量方式のマルチタッチ対応7型ワイド液晶で、メモリは512Mバイト、IEEE802.11b/g/nの無線LAN、microSDメモリーカードスロット(SDHC対応)、Mini HDMI出力、ヘッドフォン出力、USB 2.0、モノラルスピーカー(出力1ワット)などを備える。

 本体サイズは220(幅)×131.8(奥行き)×16.8(高さ)ミリで、重量は約580グラム。容量3.7ボルト/3850mAhのリチウムイオンバッテリーを装備し、バッテリー駆動時間は最大で約6時間となる。OSはAndroid 2.3で、Google Playストアには対応しない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.