ニュース
» 2012年04月18日 15時18分 UPDATE

バッファロー、メインPCのキーボード+マウスでサブPC/iPadを操作できる“ワイヤレス切り替え器”

バッファローは、ホスト側PCのキーボード/マウスを端末側で利用可能とするUSBアダプタ「BSKM204H」を発売する。

[ITmedia]
photo BSKM204H

 バッファローは4月18日、ホスト側PCのキーボード/マウスを端末側で利用可能とするUSBアダプタセット「BSKM204H」を発売する。価格は4680円。

 BSKM204Hは、“ホスト側”接続用のUSB接続対応アダプタと、端末側接続用の小型USBレシーバーをセットとしたパッケージで、ホスト側のキーボード/マウスにより端末を操作することが可能となる。端末側はPCのほか、プレイステーション3やiPadも利用できる(iPadの接続には純正オプション「Camere connection Kit」が必要/マウスは非対応)。

 ワイヤレス通信距離は最大約10メートル。端末側の機器は、別売オプションのUSBレシーバー(BSKM204R/価格は1320円)を追加することで最大10台までの接続を行える。対応OSはWindows XP/Vista(SP2以降)/7。


photo SRMB04シリーズ

 またバッファローは、5ボタン搭載ワイヤレスマウス「SRMB04」シリーズ4月下旬に発売する。

 1つのレシーバーで対応機器を最大5台まで同時接続できる“Simpring”対応のワイヤレスマウスで、カラーバリエーションは6色を用意。電池の想定使用時間は約1年6カ月となっている。価格は4400円。

関連キーワード

バッファロー | Simpring | 遠隔操作


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.