ニュース
» 2012年12月05日 11時05分 UPDATE

超小型:エプソンダイレクト、2万円台からのWindows 8搭載超ミニPC「Endeavor Sシリーズ NP31S」

エプソンダイレクトの超ミニPCがリニューアル。OSはWindows 8に刷新、さらにプロセッサ性能向上+メモリ容量を4Gバイトに増強しつつ、価格はほぼ据え置きの2万9980円からで展開する。

[ITmedia]
photo 「Endeavor Sシリーズ NP31S」(ディスプレイはオプション)。基本構成例価格は2万9980円から

 エプソンダイレクトは12月5日、超小型デスクトップPC「Endeavor Sシリーズ NP31S」を発表、同日より受注を始めた。基本構成例価格は2万9980円から。

 Endeavor Sシリーズ NP31Sは、本体サイズ20(幅)×154(奥行き)×173(高さ)ミリ(スタンド含む)の超小型ボディを特長とする省スペースデスクトップPC。従来モデル「Endeavor NP30S」をベースに、OSをWindows 8に刷新。PC仕様もプロセッサをAMD E1-1200(1.4GHz)に、メインメモリを4Gバイトに強化しつつ、基本構成価格はほぼ据え置きとした。また、シリーズもSMB(中小企業)・SOHOでの導入に向く「Endeavor Sシリーズ」に代わり、それらユーザーが初期導入費用を抑え、より安心して導入できるよう工夫した。

 オプションの液晶ディスプレイ「LD18W42S」(18.5型ワイド)、「LD22W62S」(21.5型ワイド)の背面に本体を装着できる「ディスプレイ一体型パック」も用意する。これにより、液晶一体型PCのようなスタイルでより省スペースに運用することも可能とする。


  Endeavor Sシリーズ NP31S基本構成
搭載OS 64ビット版Windows 8
プロセッサ E1-1200(1.4GHz)
グラフィックス CPU統合(AMD Radeon HD 7310)
メモリ 4Gバイト(PC3-10600 DDR3 4Gバイト×1)
ストレージ 250GバイトHDD
ディスプレイ オプション 18.5型ワイド(LD18W42S)、21.5型ワイド(LD22W62S)など。それぞれ一体型パックも用意
光学ドライブベイ
無線LAN
キーボード・マウス USB 106コンパクトキーボード&光学マウスパック、ワイヤレス106コンパクトキーボード&光学マウスパック、キーボード・マウスなし を選択可能
基本構成価格 2万9980円
発売 2012年12月5日受注開始

Endeavor Sシリーズ向けの定額保守サービスに、より長期保守のメニューを追加

 Endeavor Sシリーズ向けの定額保守サービスにより長期(最大5年)の長期保守メニューが加わった。

 Endeavor Sシリーズは、SMB・SOHOユーザーが選びやすい構成・リーズナブルな価格帯とし、かつその想定層に向けた適切なサポートメニューを用意するのが特長のシリーズ。より長期の保証を望む顧客に向け、これまで用意していた3年間安心サービスセット(3年間お預かり修理+3年間安心プラス保証)より長期間のサポートを提供する「5年間安心サービスセット」(5年間お預かり修理+3年間安心プラス保証)」を追加した。

 5年間安心サービスセットの料金は、デスクトップPCが1万6800円、ノートPC/液晶一体型PCが1万7850円。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.