ニュース
» 2013年01月23日 14時15分 UPDATE

アイ・オー、Gセンサーを搭載した耐衝撃ポータブルHDD

アイ・オー・データ機器は、耐衝撃設計のUSB 3.0接続対応ポータブルHDD「HDPD-AUT」シリーズを発表。落下時の加速を検知してHDDの電源を自動オフにできる。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は1月23日、耐衝撃設計のUSB 3.0接続対応ポータブルHDD「HDPD-AUT」シリーズを発表、2月下旬に出荷を開始する。カラーバリエーションはホワイト、ブラックの2色を用意。それぞれ500Gバイト/1Tバイトモデルを用意した。価格は500Gバイトモデルが1万600円、1Tバイトモデルが1万4300円だ。

photophoto HDPD-AUTシリーズ

 HDPD-AUTシリーズは、USB 3.0接続に対応した外付け型のポータブルHDD。本体内部に衝撃吸収ダンパーを内蔵したフローティング構造を採用する耐衝撃筐体を採用し、同社テストではMIL-STDと同等の122センチからの落下試験をクリアした、としている。さらに、内部にGセンサーを搭載しており、万一に落下時にはHDDの電源をオフとすることが可能となっている。

 仮想ドライブ機能も搭載しており、HDD内の専用領域を仮想DVD-RWドライブとして利用できる。また本体を裏返せばGセンサーが向きを検知して仮想モードを切り替え、サポートソフトのインストールなどを行える“仮想サポートソフトCD-ROM”を利用できる。

 USBバスパワー動作に対応、本体サイズは:約84(幅)×120(奥行き)×19(高さ)ミリ、重量は約180グラム。対応OSはWindows XP(SP3)/Vista/7/8、Mac OS X 10.6〜10.8。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう