ニュース
» 2013年01月23日 19時45分 UPDATE

1月25日にオープン:「正直、閉めなければよかったと後悔してます」――実店舗に再チャレンジする“上海問屋”の狙いと勝算

上海問屋 秋葉原店の閉店から約3年、上海問屋の実店舗がドスパラ パーツ館内にオープンする。秋葉原店は不採算で閉店となったが、今回の実店舗展開はどんな意図があるのか、取締役の平田氏に聞いた。

[池田憲弘,ITmedia]

ドスパラ パーツ館3階に「上海問屋コーナー」がオープン

photo 上海問屋コーナーがオープンする、東京・秋葉原のドスパラ パーツ館

 2013年1月25日11時、東京・秋葉原のドスパラ パーツ館3階に「上海問屋コーナー」がオープンする。1月23日、エバーグリーンは新店舗の内覧会を行った。

 上海問屋コーナーでは、Webショップ「上海問屋」で取り扱う製品のうち、PC/スマートフォン周辺機器やオーディオ関連機器を中心に販売する。特に「Web上で人気が出た製品を実際に触ってもらえるように並べる」(エバーグリーン)という。

 店内は、カテゴリごとに製品が分けられ、約1300種類の製品が並べられていた。「手にとって、試して、納得して、お求めいただける」という同店のコンセプト通り、USB DAC、ヘッドフォンアンプ、キーボード、マウスの多くが試用できる。「映像入力機器系(HDMI切り替え器など)など、試用が難しい製品もあるが、店内すべての製品が試せるような店づくりを考えていく」(エバーグリーン)

 2013年1月26日にはオープン記念イベントを開催する。場所はドスパラ パーツ館内で、時間は午後1時から。イベントでは、新製品の発表会やじゃんけん大会が行われる。2013年2月中には全国21カ所のドスパラで上海問屋の製品が陳列される。秋葉原店のほか、札幌店や大須店(名古屋)などの店舗では、専用の売り場を開設する予定だ。

photophotophoto 店内の様子(写真=左)。キーボードやヘッドフォンアンプなどの製品は店内で試用できる(写真=右)

再び実店舗を展開する上海問屋、その狙いは?

photo エバーグリーン 取締役の平田学氏

 上海問屋が実店舗を持つのは、2010年2月に秋葉原・カンダエイトビル1階の店舗が閉店して以来、約3年ぶりとなる。再び実店舗を開くことにしたのは、上海問屋 秋葉原店の閉店後、製品を触れる場所がないか、というユーザーからの問い合わせが多かったためだ。「正直なところ、今でも実店舗を閉店しなければよかったと後悔している。2年くらい前から、実店舗を展開しようと調整を続け、2012年11月にドスパラ側と話がまとまった」(エバーグリーン 取締役の平田学氏)

 今回の実店舗は上海問屋 秋葉原店と異なり、ドスパラ店舗内での展開となる。単独店舗を開く選択肢もあったが、ドスパラと協力するメリットは大きいと平田氏は話す。「ドスパラは日本全国にあるので、秋葉原に1店舗作るよりは、より多くのユーザーに製品に触る機会を提供できる。また、製品販売のプロとしてもドスパラは心強い。秋葉原店のときは、物売りの素人が手探りでやっていたところがあるため、売り上げも厳しかった」(平田氏)

photophoto 自動車用用品(写真=左)や、カメラ用用品(写真=右)も取り扱う。「あ、こんなモノもあるのか」といったドスパラに来る客層のニーズに合致する売り場づくりを心がけるという

 3年前と違うのは、まずは製品ラインアップの増加がある。単に製品の数が増えただけではなく、「実店舗でも売り上げが見込める、人気の商品が増えた」(平田氏)ことが大きい。実店舗で売りやすい、PC/スマホ周辺機器製品の売り上げが伸びていることも大きな要因だという。

 「秋葉原店は、とりあえず作ってみた、という勢いだけのところがあったが、今回はWeb上で人気の製品を試せる場所、という店舗のコンセプトもはっきりしているし、ドスパラとの協力体制もある。まだ店舗は開いていないが、長く続けられると思っている」と平田氏は述べた。

 Webの製品説明だけでは購入に踏み切れない、より詳しい製品情報を聞きたい、別に買いたいものはないけど、なんか面白いものはないか……そんな人は、ドスパラの上海問屋コーナーに足を運んでみてはいかがだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.