ニュース
» 2013年01月29日 10時00分 UPDATE

2013年PC春モデル:11.6型から17.3型まで、幅広いラインアップを用意するスタンダードノート――「VAIO E」 (1/2)

2013年春モデルの「VAIO E」は、CPUやHDDといった基本性能を強化したほか、オフィススイートを最新のOffice Home and Business 2013に刷新した。

[池田憲弘,ITmedia]

基本性能を強化した主力ノート

photo 15.5型ワイドモデルの最上位機種「SVE15139CJ」

 ソニーのスタンダードノートPC「VAIO E」シリーズの2013年春モデルは、基本仕様を秋冬モデルより継承しつつ、CPUやHDD容量といった基本スペックを強化し、付属のオフィススイートをOffice Home and Business 2013に刷新した。

 ラインアップはエントリークラスからミドルレンジまで、幅広い機種をそろえており、画面サイズは17.3型/15.5型/14型/11.6型ワイドの4種類で、14型ワイドモデルにはプレミアムデザインの上位機種も用意する(17.3型は直販限定)。発売日は2013年2月9日だ。

 15.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載する「Eシリーズ15」の店頭モデルは、搭載するCPUやメモリ、HDDの容量が異なる4機種を用意する。上位モデルとなる「SVE15139CJS」と「SVE15137CJW・B・P」は、オフィススイートの刷新(Office Home and Business 2013)が主な更新点だ。

 基本スペックは従来モデルを引き継いでおり、Core i7-3632QM(2.2GHz/最大3.2GHz)、8Gバイトメモリ(4Gバイト×2、最大8Gバイト)、1TバイトHDD(5400rpm)、BDXL対応Blu-ray Discドライブ、1366×768表示対応の15.6型ディスプレイなどを搭載。キーボードバックライトも内蔵する。

 インタフェースは、電源オフ時の給電に対応するUSB 3.0が1基とUSB 2.0が3基、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力、131万画素のHD対応Webカメラ、メモリースティックDuo用カードスロット、SDメモリーカードスロットなど。ネットワーク機能はギガビットLAN、IEEE802.11b/g/n準拠無線LAN、Bluetooth 4.0+HSを備える。

 ミドルレンジモデルの「SVE15136CJ」はCore i5-3230M(2.6GHz/最大3.2GHz)を、エントリーモデルの「SVE15135CJ」はPentium 2020M(2.4GHz)をそれぞれ搭載する。どちらも従来モデルからCPUが強化されている。

VAIO E(15)の基本スペック
機種 SVE15139CJ SVE15137CJ SVE15136CJ SVE15135CJ
CPU Core i7-3632QM(2.2GHz/最大3.2GHz) Core i5-3230M(2.6GHz/最大3.2GHz) Pentium 2020M(2.4GHz)
メモリ 8Gバイト 4Gバイト
HDD容量 1Tバイト 750Gバイト
光学ドライブ BDXL対応Blu-ray Discドライブ DVDスーパーマルチドライブ

 OSはいずれも64ビット版のWindows 8で、バッテリー動作時間は約6時間。本体サイズは371.9(幅)×253.5(奥行き)×25.3〜35.1(厚さ)ミリで、重さは約2.7キロ(バッテリー含む)。カラーバリエーションはSVE15137CJとSVE15136CJがブラック、ホワイト、ピンクの3色展開で、SVE15139CJはシルバーのみ、SVE15135CJはホワイトのみとなる。

 価格はオープンで、実売価格はSVE15139CJが15万5000円前後(税込み、以下同)、SVE15137CJが15万円前後、SVE15136CJが13万円前後、SVE15135CJが9万円前後となる見込み。

photophotophoto SVE15137CJとSVE15136CJはブラック(写真=左)、ホワイト(写真=中央)、ピンク(写真=右)の3色展開。14型ワイドモデルのベーシックモデルと共通のデザインだ。SVE15135CJはホワイトのみとなる

14型ワイドモデルはCPUを強化

photo 14型ワイドモデルの店頭モデルは「SVE14139CJ」1機種のみ。カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ピンクの3色だ

 14型ワイドモデル「Eシリーズ14」の店頭モデルは、SVE14139CJW・B・Pの1機種のみだ。秋冬モデルと比較すると、CPUがPentium B980(2.4GHz)からPentium 2020M(2.4GHz)に強化したのみのマイナーチェンジとなる。

 CPU以外のスペックは、4Gバイトメモリ(4Gバイト×1、最大8Gバイト)、750GバイトHDD(5400rpm)、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。インタフェースは15.5型ワイドモデルと同様だ。バッテリー動作時間は約6時間。OSは64ビット版Windows 8をプリインストールする。

 本体サイズは344(幅)×243.6(奥行き)×25.4〜33.5(厚さ)ミリで、重量は約2.4キロ(バッテリー搭載時)。カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ピンクの3種類だ。価格はオープンで、想定実売価格は9万円前後となる。

 CPUにCore i3-3120M (2.5GHz)を採用し、ボディ側面、キートップの側面、タッチパッドの縁にアクセントカラーをつけたプレミアムデザインを採用する上位機種「Eシリーズ14P」(SVE14A38CJW・B・P)も用意。ただし、タッチパネルを搭載する最上位モデルについては秋冬モデルを継続販売する。想定実売価格は12万円前後。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.