ニュース
» 2013年03月07日 13時19分 UPDATE

Micron、20ナノメートルNANDを採用した6Gb/s対応SSD「Crucial M500」

アスクは、Micron製となる6Gb/s接続対応SSD「Crucial M500」シリーズの取り扱いを発表。2.5インチモデルのほか、mSATAモデルなども用意している。

[ITmedia]

 アスクは3月7日、Micron製となる6Gb/s接続対応SSD「Crucial M500」シリーズの取り扱いを発表した。

photophotophoto Crucial M500 2.5インチモデル(左)、mSATAモデル(中)  ほか、M.2(NGFF)対応モデル(右)の取り扱いも予定されている

 20ナノメートルプロセス採用のMLC NANDフラッシュを採用したSATA 6Gb/s対応のSSDで、2.5インチ接続型モデルのほか、mSATA接続型モデルも用意。ラインアップは2.5インチモデルが120Gバイト/240Gバイト/480Gバイト/960Gバイトの4タイプ、mSATAモデルが120Gバイト/240Gバイト/480Gバイトの3タイプを取り揃えている。

 転送速度はリード最大500Mバイト/秒(全モデル)、ライト最大400Mバイト/秒(480/960Gバイトモデル)となっている。

関連キーワード

Serial ATA | SSD | アスク | 20nmプロセス | MLC | 転送速度


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう