レビュー
» 2013年03月12日 10時30分 UPDATE

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:ガジェット好きにグッと来る「AtermWM3800Rの隠れ機能」セレクト10(前編) (1/3)

前モデル比で約70%に小型化した、“ミニサイズ+長時間動作”が特長のWiMAXルータ「AtermWM3800R」。機能の多さはAtermシリーズらしく、WM3800Rは標準では無効となっている“便利機能”が実はかなり存在する。まずは1〜6個目まで。

[島田純,ITmedia]

超小型ボディに進化、80グラムのWiMAXルータ「AtermWM3800R」

photo AtermWM3800R(ホワイト)。WiMAXサービスと同時契約(各MVNOサービスのFlat年間パスポート契約など)時は0円〜4800円前後より購入できる

 WiMAX対応モバイルWi-Fiルータ決定版の1台として、NECアクセステクニカからは約1年ぶりとなる新モデルが「AtermWM3800R」(以下、WM3800R)だ。先日は“買い換えユーザー目線”で見たファーストインプレッションを掲載したが、実際にじっくりメインで使い始めて分かった“カタログスペックでは分からなかった”WM3800Rの魅力や使い方を紹介しよう。

photophoto 前モデル(左はAtermWM3500R、中央はAtermWM3600R)と比べると、かなり小型・軽量化された。バッグに入れておくなら、ほとんど気にせず携帯できるサイズ感だ
photophoto 本体前面は右上に各種状態表示のための有機ELディスプレイ、左に電源ボタンとディスプレイ表示切り替え/決定ボタンが備わる
photophoto 本体サイズは89.6(幅)×52(奥行き)×12.8(厚さ)ミリ、重量は約80グラム
photophoto 底面に充電/USBモデム機能のためのUSB Micro-B端子とクレードル接続用端子を備える。ストラップホールもある
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.