ニュース
» 2013年04月12日 11時44分 UPDATE

富士通、タブレット端末にも搭載可能な“世界最小”の非接触型静脈センサーを実用化

富士通は、世界最小/最軽量をうたった小型タイプの手のひら静脈認証センサーを実用化したと発表した。

[ITmedia]
photo

 富士通および富士通フロンテック/富士通研究所は4月12日、超小型タイプの非接触型手のひら静脈認証センサーを実用化したと発表した。

 今回発表となったモデルは、本体サイズ25(幅)×25(奥行き)×6(高さ)ミリ/約4グラムという超小型筐体を実現し、従来比で約5.2ミリの薄型化と約56%の軽量化を達成した。また従来モデルとの運用互換性も有しており、現行製品との混在利用や移行が容易な点も特徴となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう